[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

pointこの用語のポイント

pointAmazonのことだよ

point会社だよ

pointインターネット通販の最大手だよ

point最近は、いろいろやってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

とは

「Amazon」のこと。
つまり

もともとはインターネットを使った通信販売が中心だったけど、最近は、いろいろと手広くやっているデカい会社
です。

image piyo

詳しく書くよ

Amazonは「もともとはインターネットを使った本の通販をやっていたけど、いつの間にか本以外の商品も取り扱うようになっていて、さらに気が付いたら他にもいろいろとやっていた会社さん」ね。

本業はインターネット通販だと思いますが、他にもアフィリエイトだったり、アマゾンウェブサービス(尼 Web Services、AWS)と呼ばれる「サーバデータベースなど、インターネットを経由して使えるあれやこれやを貸してくれるサービス」だったり、手広くやっています。
世界的に成功したインターネット関連の会社の1つです。

尼

以上を踏まえて、Amazonを指す俗称が「尼」です。
おそらく

Amazon
 ↓
「アマ」ゾン
 ↓
アマ
 ↓


な変化をとげたのでしょう。

尼2

Macを「林檎」と呼んだり、Windowsを「」と呼ぶのと同じです。

そんな隠語っぽい俗称に対して「おっ、カッコいいじゃん」と思う人もいれば「痛い人だなぁ」と感じる人もいるはずです。
使う場合は、相手を見て使うようにしてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「尼」って単語が出てきたら「Amazonのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク