[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

縮退運転

pointこの用語のポイント

point機能や性能を制限して動かすよ

point何か問題が起きたときに行うよ

point「止まるよりは、しょぼい方がマシでしょ?」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

縮退運転とは

コンピュータの世界における「えっ?風邪引いてるの?それなら今日は、外回りはしなくていいし定時で帰っていいよ」のこと。
つまり

コンピュータの世界における「無理はしなくていいけど、休むんじゃねーぞ!」のこと
です。
もう少し真面目に書くと

何らかの問題が発生した際に「止まるよりは、しょぼい方がマシでしょ?」な考えに基づいて、機能や性能を制限して動かし続けること
です。

image piyo

詳しく書くよ

突然ですが、ピヨ太君はデキるビジネスマンです。

縮退運転

そんなピヨ太君ですが、風邪を引いてしまいました。

縮退運転2

そこでピヨ太君は、上司のピヨ子さんに「調子が悪いから帰ります」と言おうとしました……が、ピヨ子さんに先手を打たれてしまいました。
「あら?顔色が悪いわね。今日は無理をしないで定時で帰りなさい」と言われてしまったのです。

縮退運転3

結局ピヨ太君は、定時になるまでお仕事を続けることになりました。

これをコンピュータの世界で行うのが「縮退運転」です。

1.問題が発生した際に
2.無理をさせない代わりに
3.休ませないで仕事を続けさせる


行為を指します。
鬼ですね。

例えば

・処理がパンクしそうなときに、受け付ける仕事の数を減らす(けど仕事は続ける)
・一部の機能が壊れたときに、その機能を使わせない(けどシステムは動かし続ける)


などの対応です。

縮退運転4

縮退運転は「止まるよりは、しょぼい方がマシでしょ?」な考えに基づいて行われます。

実際に何を指して「縮退運転」と呼ぶかは、いろいろです。
極端な話「システムが全壊したので代わりに人手で作業する」などの対応も、捉えようによっては縮退運転と呼べないこともありません。
呼ばないですけどね。

いずれにせよ

1.問題が発生した際に
2.無理をさせない代わりに
3.休ませないで仕事を続けさせる


さえ覚えておけば、前後の文脈から意味を掴めると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「縮退運転」って単語が出てきたら「機能や性能を制限して動かすことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク