[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

iノード

pointこの用語のポイント

pointデータだよ

pointファイルの属性情報が書いてあるよ

pointUNIX系の話で登場するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

iノードとは

主にUNIX系で使われる、ファイル(やディレクトリ)の属性情報が書いてあるデータ
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「inode」の説明と同じです。既に「inode」の説明をご覧になった方は、読んでも意味は、ありません。わざわざ別項目で取り上げているのは大人の事情によるものです。「どんな大人の事情だ?教えろよ!」ですか?システム的な都合で「iノード」で用語検索をしたときに「inode」が引っかからないからです。

別に難しく考える必要は、ありません。
ファイルディレクトリの、所有者や更新日時、ファイルサイズなどの属性情報が書かれているデータが「iノード」です。

例えば、そうですね。

ピヨ太君がファイルを作りました。

iノード

ファイルの中には、データが入っています。

iノード2

ファイルを構成する要素は、中に入っているデータ以外にもあります。
例えば

・所有者
・更新日時
・ファイルサイズ
アクセス権


などの情報です。

これらの属性情報は、実はファイルの中には、ありません。
別のところに置いてあります。

iノード3

それを踏まえて、ファイルの属性情報をまとめたデータが「iノード」です。

iノード4

iノードの仕組みは、UNIX系(Linuxとか)の話で登場します。

例えば、ピヨ太君が「/tmp」ディレクトリの中にファイル「hoge.txt」を作ったとしましょう。

iノード5

そうすると、まず「hoge.txt」の中身のデータが、どこかに置かれます。

iノード6

次に「hoge.txt」の属性情報が、どこかに置かれます。

iノード7

この属性情報がiノードです。

iノード8

iノードの中には、ファイルの属性情報と「ファイルの中身は、どこにあるよ!」が書いてあります。
また、iノードには識別するための番号(iノード番号)が割り振られます。
今回の例では、iノード番号は「1」だったとしておきましょう。

iノード9

最後に「/tmp」ディレクトリの中にiノード番号とファイル名が保管されます。
具体的には、iノード番号「1」とファイル名「hoge.txt」が保管されます。

iノード10

さて、ピヨ太君が「/tmp」ディレクトリの中の「hoge.txt」を開きました。

iノード11

コンピュータさんは、まず「/tmp」ディレクトリの中を見ます。
そうすると、iノード番号「1」とファイル名「hoge.txt」が見つかります。

iノード12

「hoge.txt」のiノード番号は「1」だと分かりました。
次に、iノード番号が「1」のiノードを見ます。

iノード13

これで「hoge.txt」の属性情報が分かりました。
そういえば、iノードには「ファイルの中身は、どこにあるよ!」が書いてありましたね。

コンピュータさんは、iノードの中に書いてあった「ファイルの中身は、どこにあるよ!」な情報を元にして、ファイルの中身を見ます。

iノード14

これで「hoge.txt」の

・ファイル名
・属性情報
・中身のデータ


が揃いました。

順番万端ですね。
実際に「hoge.txt」を開きます。

iノード15

まとめると、ファイルの属性情報をまとめたデータがiノードです。
iノードには実データの場所も書いてあります。

iノードには識別するための番号が割り当てられます。
iノード番号です。

ディレクトリの中には、ファイル名とiノード番号が保管されています。

ファイルの情報が必要になったら

1.ファイル名からiノード番号をたどる
2.iノード番号からiノードをたどる
3.iノードから実データをたどる


の順番で集めます。

これが、iノードを使ったファイル管理の流れです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「iノード」って単語が出てきたら「ファイルの属性情報が書いてあるデータなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク