[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

クリアテキスト (clear text)

pointこの用語のポイント

pointデータだよ

point暗号化されてないよ

point「平文」とも言うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

クリアテキスト (clear text)とは

「平文」のこと。
つまり

「暗号化されてないよ!」なデータのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「暗号」と「暗号化」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

暗号は「特定のルールに従って、ぐちゃぐちゃに変換されたデータ」です。

クリアテキスト

暗号は、そのまま見ても、内容が分かりません。
悪い人に勝手に盗み見られても、書かれている内容は分からない理屈です。

クリアテキスト2

暗号を作成する行為を「暗号化」と言います。
特定のルールに従って、元のデータをぐちゃぐちゃにする行為です。

クリアテキスト3

以上を踏まえて、暗号化されていない普通のデータが「クリアテキスト」です。
日本語で「平文(ひらぶん)」とも呼ばれます。

クリアテキスト4

わざわざ「クリアテキスト」と表現した場合は、言外に「暗号化されてないよ!」の意味が込められています。

例えば「クリアテキストで送るのにパスワード書くなよ~」と言ったとしましょう。
これは「暗号化していないのにパスワード書くなよ~」の意味になります。
「暗号化!してない!YO!!」を強調しています。

個人的には「クリアテキスト」という表現は、あまり使わないですけどね。
「平文」の方が馴染みがあります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「クリアテキスト」って単語が出てきたら「暗号化されていないデータなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク