[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.go.jp【ドメイン】

pointこの用語のポイント

pointドメイン名の一番右側の部分と右から2番目の部分だよ

point「日本の政府機関は使っていーよ」な属性型JPドメイン名だよ

point取得するには条件があるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.go.jp【ドメイン】とは

属性型JPドメイン名のひとつ
であり

「日本の政府機関は使ってもいーよ」な制限がついているドメイン名(の一部)
です。

image piyo

詳しく書くよ

ドメイン名は「IPアドレスに付けた人間様向けの名前」ね。

go.jp【ドメイン】

ドメイン名は、世界中にたくさんあります。
その、たくさんある中の1つで、日本の政府機関は使っていいよ!なドメイン名(の一部)が「.go.jp」です。
「○○.go.jp」のような形で登場します。

go.jp【ドメイン】2

もう少し細かく見ていきましょう。

ドメイン名は「.(ピリオド)」で区切られていて、右に行くほど大きな括りになります。

例えば

wa3.i-3-i.info

というドメイン名があったとしましょう。

これは

「info」にある「i-3-i」にある「wa3」

を意味します。

「info」県「i-3-i」市「wa3」地区

と同じイメージです。

ドメインを「.(ピリオド)」で区切った際の県に相当する部分、一番右の「info」の部分を「トップレベルドメイン」と言います。

go.jp【ドメイン】3

ついでなので書いておくと、トップレベルドメイン以外(一番右の部分以外)は、すべて「サブドメイン」です。
ドップレベルドメインの隣は「第2レベルドメイン」と呼びます。
第2レベルドメインの隣は「第3レベルドメイン」です。
以下、左に行くほど数字が増えます。

go.jp【ドメイン】4

話をトップレベルドメインに戻します。

トップレベルドメインは2種類あります。
それは

1.国ごとに割り当てられたトップレベルドメイン
2.分野ごとに割り当てられたトップレベルドメイン


の2つです。
これは

1.その国に住んでいる人が使えるトップレベルドメイン
2.どこの国の人でも使えるトップレベルドメイン


とも言えます。

この2種類のトップレベルドメインのうち

1.国ごとに割り当てられたトップレベルドメイン
(1.その国に住んでいる人が使えるトップレベルドメイン)


を「国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)」と言います。
日本に割り当てられているccTLDは「.jp」です。

go.jp【ドメイン】5

ドメイン名の一番右側が「.jp」になっているドメイン名の一般的な呼び名は「JPドメイン名」です。
ちょっと小難しい表現を使うと

トップレベルドメインが「.jp」なドメイン名がJPドメイン名

と言えます。

go.jp【ドメイン】6

JPドメイン名は、いくつかの種類に分類されます。

その分類のひとつで、右から2番目の部分が属性(「会社」とか「高等教育機関」とか)を表現しているJPドメイン名を「属性型JPドメイン名」や「組織種別型JPドメイン名」と言います。

属性型JPドメイン名は「○○.co.jp」や「○○.ac.jp」のような形式になっているJPドメン名です。
「co」とか「ac」が属性を表現しています。
「○○」の部分には好きな文字列を指定できます。

go.jp【ドメイン】7

それを踏まえて、日本の政府機関向けに用意されている属性型JPドメイン名が「.go.jp」です。

「go」は「government(ガーバメント)」の頭の部分です。
「.go.jp」の「go」の部分が「政府ね!」を表しています。

同様に「jp」は「japan(ジャパン)」の省略です。
「jp」の部分が「日本にあるよ!」を表しています。

併せて「日本にある政府ね!」転じて「日本の政府機関ね!」の意味です。

go.jp【ドメイン】8

「○○.go.jp」形式のドメイン名を取得するには、一定の要件を満たす必要があります。
2016年5月現在の状況ですが、JPRS(JPドメイン名の管理をしている組織)のホームページに「こんな人たちが取得できるよ!」な概要として、以下の記述がありました。

日本国の政府機関、各省庁所轄研究所、独立行政法人、特殊法人(特殊会社を除く)

そのまんまですね。

なお「.go.jp」を含む属性型JPドメイン名には、原則として「1つの組織が登録できるドメイン名は1つだけ」というルールがあります。
例えば「○○.go.jp」を取得したら「××.go.jp」は取得できません。

ただし、2016年5月現在の状況では、条件付きで複数持てるようです。
JPRS(JPドメイン名の管理をしている組織)のホームページに、実施日を2014年4月17日(木)として以下の記述がありました。

1. 組織合併時等における属性型・地域型JPドメイン名の1組織1ドメイン名制限緩和

内容:
「組織名変更」「合併」「事業譲渡」が2014年2月17日以降に発生し、その事実が客観的かつ公に確認可能である場合には、1組織にて2つ以上の属性型・地域型JPドメイン名の登録を可能としました。
ただし、本制度の適用を受け、1組織にて2つ以上の属性型・地域型JPドメイン名を登録している場合、ドメイン名の文字列を変更(ドメイン名変更)できるのは、複数のドメイン名のうち1つのみとします。


ざっくり要約すると

合併とかしたら、持っている属性型・地域型JPドメイン名が2つ以上になっちゃうかもしれないよね?それは仕方ないから許可しちゃうよ!ただし、主となるドメイン名は1つだからな!複数持っていても、ドメイン名の変更ができるのは1つだけだぞ!

的なことが書いてあります。

ここら辺の条件とかは、時代と共に変わっていくと思います。
その時点の最新を探してください。

ちなみに、2016年5月時点で存在する属性型JPドメイン名は以下の9つです。

ドメイン名属性
.ac.jp高等教育機関
.ad.jpJPNIC会員
.co.jp会社
.ed.jp初等・中等教育機関
.go.jp日本の政府機関
.gr.jp任意団体
.lg.jp地方公共団体
.ne.jpネットワークサービス
.or.jp非営利法人


気が向いたら、他のも覚えてあげてください。
覚えてしまうと、ホームページの住所(URL)やメールアドレスを見ただけで、相手がどんな立場の人なのか推測できます。
意外と便利です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「go.jp」ってドメイン名が出てきたら「日本の政府機関が使えるドメイン名(の一部)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク