[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スポンサー付きトップレベルドメイン (sTLD)

pointこの用語のポイント

pointドメイン名の一番右側の部分だよ

point分野ごとに割り当てられているよ

point住んでいる国による制限がないよ

point元締めの提示する条件を満たした人のみが使えるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スポンサー付きトップレベルドメイン (sTLD)とは

トップレベルドメイン(ドメイン名の一番右側の部分)の分類のひとつ
であり

元締めみたいな組織(スポンサー組織)があって、その組織が「うん、君は使っていーよ」と認めた人のみが使えるトップレベルドメイン
です。
真面目な解説書なんかでは

特定の業界・分野に割り当てられていて、その業界のスポンサー組織が運用しているトップレベルドメインのこと
と説明されます。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

ドメイン名
トップレベルドメイン
汎用トップレベルドメイン(gTLD)


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ドメイン名は「IPアドレスに付けた人間様向けの名前」です。

スポンサー付きトップレベルドメイン(sTLD)

ドメイン名は「.(ピリオド)」で区切られていて、右に行くほど大きな括りになります。

例えば

wa3.i-3-i.info

というドメイン名があったとしましょう。

これは

「info」にある「i-3-i」にある「wa3」

を意味します。

「info」県「i-3-i」市「wa3」地区

と同じイメージです。

ドメインを「.(ピリオド)」で区切った際の県に相当する部分、一番右の「info」の部分を「トップレベルドメイン」と言います。

スポンサー付きトップレベルドメイン(sTLD)2

トップレベルドメインは2種類あります。
それは

1.分野ごとに割り当てられたトップレベルドメイン
2.国ごとに割り当てられたトップレベルドメイン


の2つです。
これは

1.どこの国の人でも使えるトップレベルドメイン
2.その国に住んでいる人が使えるトップレベルドメイン


とも言えます。

この2種類のトップレベルドメインのうち

1.分野ごとに割り当てられたトップレベルドメイン
(1.どこの国の人でも使えるトップレベルドメイン)


を「汎用トップレベルドメイン(gTLD)」と言います。

以上を踏まえて、業界の代表みたいな組織(スポンサー組織)によって運用されていて、スポンサー組織の定める条件を満たした人のみ使えるgTLDが「スポンサー付きトップレベルドメイン」です。
sponsored Top Level Domain(スポンサード・トップ・レベル・ドメイン)」を省略して「sTLD」とも表現されます。

sTLDは

・業界のやつらで使うから!
・管理は業界を代表するやつがするから!
・使って良いのは、業界(の代表組織)の定める条件を満たしたやつだけな!


な特徴を持つgTLDです。
よく分からない人は「条件を満たした人のみ使える」だけ覚えておいてください。

スポンサー付きトップレベルドメイン(sTLD)3

sTLDには、例えば以下の種類があります。

ドメイン名業界・分野
.museum博物館や美術館
.aero航空運輸業界
.coop協同組合
.travel旅行関連業界
.jobs人事管理業務関係者
.mobiモバイル関係
.xxxアダルト関係
.post郵便事業関係者
.asiaアジア太平洋地域の人・団体
.catスペイン・カタロニアの言語や文化
.tel連絡先情報


sTLDを使うために満たすべき条件は、種類によって異なります。
興味がある方は、他のところで勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スポンサー付きトップレベルドメイン(sTLD)」って単語が出てきたら「元締めの定める条件を満たした人が使えるトップレベルドメイン(ドメイン名の一番右側の部分)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク