[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

汎用JPドメイン名

pointこの用語のポイント

pointドメイン名だよ

point一番右側が「.jp」だよ

point一番右側以外は好きな名前を付けられるよ

point取得条件は特にないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

汎用JPドメイン名とは

JPドメイン名(ドメイン名の一番右側の部分が「.jp」になっているドメイン名)の分類のひとつ
であり

「○○.jp」形式のドメイン名
であり

一番右側の部分以外は好きな名前を付けられるJPドメイン名
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

ドメイン名
トップレベルドメイン
国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)
トップレベルドメイン「.jp」
JPドメイン名


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ドメイン名は「IPアドレスに付けた人間様向けの名前」です。

汎用JPドメイン名

ドメイン名は「.(ピリオド)」で区切られていて、右に行くほど大きな括りになります。

例えば

wa3.i-3-i.info

というドメイン名があったとしましょう。

これは

「info」にある「i-3-i」にある「wa3」

を意味します。

「info」県「i-3-i」市「wa3」地区

と同じイメージです。

ドメインを「.(ピリオド)」で区切った際の県に相当する部分、一番右の「info」の部分を「トップレベルドメイン」と言います。

汎用JPドメイン名2

ついでなので書いておくと、トップレベルドメイン以外(一番右の部分以外)は、すべて「サブドメイン」です。
ドップレベルドメインの隣は「第2レベルドメイン」と呼びます。
第2レベルドメインの隣は「第3レベルドメイン」です。
以下、左に行くほど数字が増えます。

汎用JPドメイン名3

話をトップレベルドメインに戻します。

トップレベルドメインは2種類あります。
それは

1.国ごとに割り当てられたトップレベルドメイン
2.分野ごとに割り当てられたトップレベルドメイン


の2つです。
これは

1.その国に住んでいる人が使えるトップレベルドメイン
2.どこの国の人でも使えるトップレベルドメイン


とも言えます。

この2種類のトップレベルドメインのうち

1.国ごとに割り当てられたトップレベルドメイン
(1.その国に住んでいる人が使えるトップレベルドメイン)


を「国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)」と言います。
日本に割り当てられているccTLDは「.jp」です。

汎用JPドメイン名4

ドメイン名の一番右側が「.jp」になっているドメイン名の一般的な呼び名は「JPドメイン名」です。
ちょっと小難しい表現を使うと

トップレベルドメインが「.jp」なドメイン名がJPドメイン名

と言えます。

汎用JPドメイン名5

以上を踏まえて、本題です。

JPドメイン名は、いくつかの種類に分類されます。

その分類のひとつで、一番右側以外は好きな名前を付けられるJPドメイン名が「汎用JPドメイン名」です。
汎用JPドメイン名は「○○.jp」形式になっています。
「○○」の部分に好きな文字列を指定できます。

汎用JPドメイン名6

汎用JPドメイン名の取得条件は特にありません。
「.jp」を使う条件を満たしている人であれば、誰でも、何個でも取得できます。
「一番、縛りのゆるいJPドメイン名」と言えるでしょうね。

汎用JPドメイン名の説明は、そんなところです。

なお、JPドメインの分類は、他に

属性型JPドメイン名組織種別型JPドメイン名
地域型JPドメイン名
都道府県型JPドメイン名
(・日本語JPドメイン名


などが、あります。
余裕がある方は、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「汎用JPドメイン名」って単語が出てきたら「好きな名前が付けられるJPドメイン名なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク