[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.coop【ドメイン】

pointこの用語のポイント

pointドメイン名の一番右側の部分だよ

point協同組合関連で使うために用意されているよ

point条件を満たした人が使えるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.coop【ドメイン】とは

トップレベルドメイン(ドメイン名の一番右側の部分)のひとつ
であり

協同組合関連で使うことを想定して用意されているトップレベルドメイン
であり

条件を満たしている人のみ使うことができる汎用トップレベルドメイン(gTLD)
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

ドメイン名は「IPアドレスに付けた人間様向けの名前」ね。

.coop【ドメイン】

ドメイン名は「.(ピリオド)」で区切られていて、右に行くほど大きな括りになります。

例えば

wa3.i-3-i.info

というドメイン名があったとしましょう。

これは

「info」にある「i-3-i」にある「wa3」

を意味します。

「info」県「i-3-i」市「wa3」地区

と同じイメージです。

ドメインを「.(ピリオド)」で区切った際の県に相当する部分、一番右の「info」の部分を「トップレベルドメイン」と言います。

.coop【ドメイン】2

トップレベルドメインは2種類あります。
それは

1.分野ごとに割り当てられたトップレベルドメイン
2.国ごとに割り当てられたトップレベルドメイン


の2つです。
これは

1.どこの国の人でも使えるトップレベルドメイン
2.その国に住んでいる人が使えるトップレベルドメイン


とも言えます。

この2種類のトップレベルドメインのうち

1.分野ごとに割り当てられたトップレベルドメイン
(1.どこの国の人でも使えるトップレベルドメイン)


を「汎用トップレベルドメイン(gTLD)」と言います。

それを踏まえて、協同組合関連で使うことを想定して用意されているgTLDが「.coop」です。
cooperative」の頭を取って「coop」ね。

.coop【ドメイン】3

「.coop」は「スポンサー付きトップレベルドメイン(sTLD)」と呼ばれる類のgTLDです。
sTLDは、そのドメイン名の元締めみたいな組織(スポンサー組織)が用意されていて、その組織が「うん、君は使っていーよ」と認めた人のみが使えます。

「.coop」であれば、協同組合関連の代表みたいな組織があって、そいつらが「.coop」を運営・管理しているわけです。
そして、そいつらが「使っていーよ」と認めた人のみが「.coop」を使えます。

残念ながら、一般人が「使いたいな~」と思っても、OKが出ないと使えません。
OKが出ない場合は、おとなしく諦めましょう。

「.coop」に関して覚えておくべきポイントは

1.汎用トップレベルドメイン(gTLD)である
2.協同組合関連で使うためにある
3.条件を満たした人のみ使える


です。
それだけ覚えておけば、困ることは、ないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.coop」ってドメイン名が出てきたら「協同組合関連で使うことが想定されているトップレベルドメイン(ドメイン名の一番右側の部分)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク