[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

KRNIC

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスとかの管理をやっている組織だよ

point韓国が管轄だよ

pointAPNICの子分っぽいやつだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

KRNICとは

韓国に割り当てられたIPアドレスとかを管理している組織
であり

IPアドレスなどのインターネットで使うあれやこれやの番号を管理している国際的な非営利組織「ICANN」の一部である「IANA」の子分っぽい立場で活動している「地域インターネットレジストリ(RIR)」の中の1つでアジア・太平洋地域を担当する「APNIC」の子分っぽいやつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

IPアドレス
ICANN
IANA
地域インターネットレジストリ
APNIC


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」です。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。

KRNIC

IPアドレスには「全世界で通用するIPアドレス(グローバルIPアドレス)」と「仲間内でのみ通用するIPアドレス(プライベートIPアドレス)」の2種類あります。

KRNIC2

原則として、IPアドレスは他の人と数字が被っては、いけません。
ピヨ太君とピヨ子さんが同じ「198.51.100.2」を使うことは、できないのです。

KRNIC3

そうなると、ちょっと困りますね。

仲間内でのみ通用するIPアドレスは頑張れば何とかなるかもしれません。
でも、全世界で通用するIPアドレスの中で、どれが既に使われていて、どれがまだ使われていないか、分かりますか?

KRNIC4

そんな困った状況を解決するために、とある組織がIPアドレスを体系的に管理しています。
その「とある組織」は「ICANN」という組織……の中の「IANA」という組織です。

少し歴史的な部分に触れておくと、もともとは「IANA」という名前のアメリカの組織がIPアドレスとかを管理していました。

KRNIC5

ところが、インターネットが全世界的に普及すると、ちょっとマズいことになりましてね。
「アメリカさんの影響力が強すぎじゃね?」と懸念する人が出てきたのです。

そこで、特定の国の影響下に無い国際的な非営利組織が作られました。
それがICANNです。
そして、IANAがやっていたお仕事はICANNがやることになりました。

KRNIC6

その代わりと言ってはなんですが、IANAはICANNの一部になりました。

KRNIC7

ですから「世界のIPアドレスはICANNが管理している」と言っても「世界のIPアドレスはIANAが管理している」と言っても間違いでは、ありません。
IANAはICANNの一部ですからね。

さて、世界のIPアドレスはICANN(の中のIANA)が管理しています。
でも、1人で全部を管理するのは、めっちゃ大変です。

KRNIC8

そこで、地域ごとに管理者を立てました。
「北米はあなたに頼むね」「ヨーロッパは、おまえに任せるわ~」「アジアはYouがやれYO!」「アフリカは貴殿にお頼み申す」「中南米は君がやってね」と役割分担したのです。

KRNIC9

そうするとIANAさんは、かなり楽になります。
IANAさんが直接管理するのは地域ごとの管理者だけで済みますからね。
そこから先の細かい部分、どの国にどのIPアドレスを払い出すかとかは、地域ごとの管理者がやれば済む話です。

KRNIC10

この「地域ごとの管理者」を「地域インターネットレジストリ(RIR)」と呼びます。

KRNIC11

各地域のIPアドレスは以下の組織が管理しています。

北米:ARIN
ヨーロッパ:RIPE NCC
アジア:APNIC
アフリカ:AfriNIC
中南米:LACNIC


こいつらを一緒くたにした表現が「地域インターネットレジストリ(RIR)」です。

RIRは、いわば「IANAの子分」です。
RIRはIANAから「ほれ、君が担当する地域では、このIPアドレスを使いな」とIPアドレスの固まりをもらいます。

KRNIC12

そこから先の管理がRIRの仕事です。
自分の管轄地域において「この国は、このIPアドレスを使えや~」とIPアドレスを払い出したり「え~っと、使ってないIPアドレスは、まだ残ってたかな?」とIPアドレスの在庫管理をしたりします。

KRNIC13

イメージは、IANA親分の元で働く、RIR子分ですね。
全体を管理する元締めがIANAで、その一部を担う地域ごとの管理者がRIRです。

KRNIC14

さて、IANA親分からIPアドレスの管理を任されたRIRですが、その中に「APNIC」というやつがいます。
APNICの担当はアジア・太平洋地域です。

一口に「アジア・太平洋地域」と言っても、結構、広いですよね?
APNICさんは、これを自分1人で管理するのは大変だな~と考えました。

KRNIC15

そこで、役割分担することにしたのです。
とある組織に対して「ねーねー、韓国のIPアドレスとかは君が管理してよ」と、お願いしました。

KRNIC16

そうするとAPNICさんは、かなり楽になります。
APNICさんが韓国に関して直接やり取りするのは「とある組織」だけで済むからです。
そこから先の細かい部分、韓国国内のことは「とある組織」がやってくれます。

KRNIC17

この話における「とある組織」が「KRNIC」です。
Korea Network Information Center(コリア・ネットワーク・インフォメーション・センター)」の略で「KRNIC」ですが、別に覚える必要は、ありません。

KRNIC18

KRNICは、いわば「APNICの子分」です。
KRNICはAPNICから「ほれ、韓国では、このIPアドレスを使いな」とIPアドレスの固まりをもらいます。

KRNIC19

そこから先の管理がKRNICの仕事です。
韓国において「君たちは、このIPアドレスを使えや~」とIPアドレスを払い出したり「え~っと、使ってないIPアドレスは、まだ残ってたかな?」とIPアドレスの在庫管理をしたりします。

KRNIC20

IANAとAPNICの関係と同じですね。

全体を管理する元締めがIANAで、その一部を担うアジア・太平洋地域の管理者がAPNICです。

KRNIC21

アジア・太平洋地域全体の管理者がAPNICで、アジア・太平洋地域の一部である韓国の管理者がKRNICです。

KRNIC22

ちなみに、話を単純化するためにIPアドレスに絞って説明しましたが、それ以外にもあれやこれやを管理しています。
興味がある方は、他のところで勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「KRNIC」って単語が出てきたら「韓国のIPアドレスとかを管理している組織なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク