[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

IANA

pointこの用語のポイント

pointインターネットで使うあれやこれやの番号を管理している団体だよ

pointIPアドレスの払い出しとかをやっているよ

pointもともとはアメリカの組織だけど、今はICANNの一部だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

IANAとは

IPアドレスの払い出しをやったり、インターネットで使うあれやこれやの番号を管理している組織
であり

インターネットで使うあれやこれやの番号を管理している国際的な非営利組織「ICANN」の一部
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」ね。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。

IANA

IPアドレスには「全世界で通用するIPアドレス(グローバルIPアドレス)」と「仲間内でのみ通用するIPアドレス(プライベートIPアドレス)」の2種類あります。

IANA2

原則として、IPアドレスは他の人と数字が被っては、いけません。
ピヨ太君とピヨ子さんが同じ「198.51.100.2」を使うことは、できないのです。

IANA3

そうなると、ちょっと困りますね。

仲間内でのみ通用するIPアドレスは頑張れば何とかなるかもしれません。
でも、全世界で通用するIPアドレスの中で、どれが既に使われていて、どれがまだ使われていないか、分かりますか?

IANA4

そんな困った状況を解決するために、とある組織がIPアドレスを体系的に管理しています。
その「とある組織」が「IANA」です。

Internet Assigned Numbers Authority(インターネット・アサインド・ナンバーズ・オウソリティ)」の略で「IANA」ね。
読みは「アイアナ」です。

IANAはIPアドレスを管理しています。
IPアドレス以外にも、いろいろな数字を管理しています。
具体的なことは、専門的に説明しているところで情報を補完してください。

せっかくなので、少し歴史的な部分にも触れておきましょう。

IANAは、もともとアメリカの組織でした。

IANA5

ところが、インターネットが全世界的に普及すると、ちょっとマズいことになりましてね。
「アメリカさんの影響力が強すぎじゃね?」と懸念する人が出てきたのです。

そこで「ICANN(アイキャン)」という名前の国際的な非営利組織が作られました。
そして、IANAがやっていたお仕事はICANNがやることになったのです。

IANA6

その代わりと言ってはなんですが、IANAはICANNの一部になりました。

IANA7

つまり

1.もともとはアメリカの組織
2.今は国際的な非営利組織「ICANN」の一部
3.IPアドレスの払い出しとかをやっている


のがIANAです。

実際には、ICANNもアメリカの影響下にあったり、なかったり、しますけどね。
そこら辺に興味がある方は、他のところで勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「IANA」って単語が出てきたら「IPアドレスの払い出しとかをやっている組織で、ICANNの一部なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク