[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ライブラリ (library)

pointこの用語のポイント

pointプログラムの部品を集めたファイルだよ

point他のプログラムから呼び出されて動くよ

point単独では動かないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ライブラリ (library)とは

便利なプログラムの部品をいっぱい集めて、ひとまとめにしたファイルのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「プログラムの部品の寄せ集めファイル」が「ライブラリ」です。
いろいろできる、便利な部品が詰まっています。

ライブラリ


例えば、あなたが「きのこたけのこ戦争」についてレポートを提出しなくてはいけないとしましょう。

どうしますか?

いろいろと手段はあるでしょうが、図書館に調べに行くのも選択肢の一つです。
もし「『きのこたけのこ戦争』について」なんて名前の書籍があれば、しめたものです。
丸写しの是非は置いておいて、そのまま写せば、レポートが完成します。

同じように考えてください。

プログラムに、ある処理をさせたいとしましょう。

どうしますか?

一番、真っ当なやり方は自分で処理を書くことですね。
えっちらおっちら、汗水たらしてキーボードを叩く姿は美しいです。

ですが、世の中には親切な人がいるのです。

その親切な人は、みんながやりたくなりそうな処理を、あらかじめプログラムの部品として作ってくれました。
データベースに接続したいだろうな~」「ログ出力したいだろうな~」「ファイルの存在チェックをやりたいだろうな~」などなど、ありがちな処理は既に用意されています。

この、ありがちな処理をプログラムの部品の形でいっぱい詰め込んだファイルが、ライブラリです。

図書館には、本がたくさん収められています。
ライブラリには、プログラムの部品がたくさん収められています。

ライブラリの使い方は図書館と同じです。
必要な処理を見つけて、丸写しすれば良いのです。

ごめんなさい。
嘘をつきました。

「ちょっくら、お手伝いしておくれ~」とお願いすれば、直接、働いてくれます。
丸写しする必要すらありません。

一般的には「おまえ、手伝って!」とライブラリを指名して「この部品の代わりになって!」とやりたい処理(が入っているプログラムの部品)を指定することで、ライブラリを使えます。

ライブラリ2

ライブラリさんを活用することで、自分で作る処理の量を減らせる理屈です。

なお、ライブラリさんは基本的にサポート役です。
単体ではプログラムとして動きません。
他のプログラムの部品として、お仕事をします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ライブラリ」って単語が出てきたら「プログラムの部品をいっぱい集めたファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク