[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Autorun.inf

pointこの用語のポイント

point自動起動用の設定ファイルだよ

point自動再生するCDとかDVDとかの中に入ってるよ

pointファイル名は「Autorun.inf」にするよ

pointルート直下(一番上)に置くよ

point他にも、いろいろ留意事項があるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Autorun.infとは

CDとかDVDを入れたときに自動再生(自動起動)するための指示があれやこれやと書いてあるファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

CDは「円盤の形をしている記憶媒体データを記録しておく物)」ね。
投げると結構よく飛びます。

Autorun.inf

DVDは「CDよりもデータがいっぱい入る、円盤状の記憶媒体」です。
一言で言えば「パワーアップしたCD」です。

Autorun.inf2

DVDも、CD同様、投げると結構よく飛びます。

Autorun.inf3

このCDやDVDですが、中にファイルを入れたり、ソフトを入れたりすることができます。

Autorun.inf4

そして、それらの中身をパソコンで見ることができます。

Autorun.inf5

それを踏まえて、ある日のことです。

ピヨ太君は、DVDに入っているムフフな動画をパソコンで見ようとしました。
うきうきしながら、パソコンにDVDをセットします。

Autorun.inf6

さて、この後、何が起きるでしょう?

実は2つの可能性があります。

1.DVDの再生が始まる
2.何も起こらない


の2つです。

「1.DVDの再生が始まる」は「DVD内のファイルが開く(ソフトが動く)」とも言えます。
パソコンさんが「あっ!DVDがくっついた!」と認識して「よっしゃ!気をきかせてファイルを開いて(ソフトを動かして)やるか!」と動く流れです。

Autorun.inf7

「2.何も起こらない」は、そのまんまです。
パソコンさんは、ぼーっとしています。

Autorun.inf8

この場合、DVDを見るためには、ピヨ太君がパソコンさんを操作して、DVD内にあるファイルを開く(ソフトを動かす)必要があります。

Autorun.inf9

この違いを生み出しているファイル、CDとかDVDを入れた際の自動起動に関する指示が書いてあるファイルが「Autorun.inf」です。
CDとかDVDの中に「Autorun.inf」が置いてあると「1.DVDの再生が始まる」になります。

Autorun.inf10

「Autorun.inf」の役割は、何となく分かったでしょうか。
それでは次に「Autorun.inf」で自動起動する流れを見てみましょう。

「Autorun.inf」の中には「このファイルを開いてね!(このソフトを動かしてね!)」な指示と、それに付帯する情報を書いておきます。

パソコンさんはCDとかDVDを渡されると、まず所定の場所に「Autorun.inf」があるかを探します。

Autorun.inf11

「Autorun.inf」がなければ、何もしません。
次の指示が来るまで、ぼーっとします。

Autorun.inf12

「Autorun.inf」があれば、その指示に従います。
「Autorun.inf」の中には「このファイルを開いてね!(このソフトを動かしてね!)」な指示が書いてあるはずです。
その指示に従って、指定されたファイルを開きます。

Autorun.inf13

これが「Autorun.inf」で自動起動する流れです。
そんなに難しくはないですよね?

それでは次に「Autorun.inf」の中身を見てみましょう。

「Autorun.inf」の中身は、例えば以下のように書きます。

[Autorun]
open=piyota.exe


1行目の

[Autorun]

は決まり文句です。
気にする必要はありません。

2行目の

open=piyota.exe

で自動実行するソフトを指定しています。
この例では「piyota.exe」が起動しますよ。

これが「Autorun.inf」の最低限の内容です。
その気になれば、他にも、いろいろな内容を指定することができます。
興味がある方は、勉強してみてください。

以上が「Autorun.inf」の基本です。

ひょっこり「Autorun.inf」を見かけて「あれ?このファイルって何だろう?」と思った方は、ここまでの知識で足りるはずです。

「よーし!自分でAutorun.infを配置して、自動起動しちゃうぞ~!」と思った方や「Autorun.infについて、ちゃんと理解したいな」と思った方の知識としては、残念ながら不十分でしょう。
他にも、いろいろと押さえておくべきポイントがあります。

ただ、ぶっちゃけちゃうと、一つずつ書いていくのが面倒くさいのですよね。
思いつく留意事項を列挙しておきますので、詳しいことは他のところで勉強してください。

それでは、行きます。

ファイル名は必ず「Autorun.inf」(autorun.inf)にする

・「Autorun.inf」はCDやDVDのルート直下(一番上の場所)に配置する

・「open=」で指定できるのは実行ファイルのみ
・ただし「open=notepad.exe hoge.txt」とかやれば、普通のファイルも開ける

・「Autorun.inf」を悪用するウイルスがある
・「Autorun.inf」を書き換えて、ウィルスの本体ファイルを自動起動するようにしたりする

セキュリティ的な理由から、Windows 7以降では、USBメモリ内の「Autorun.inf」は初期状態で無効化されている


パッと思いつくのは、そんなところです。
他にも何か思い浮かんだら、追記します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Autorun.inf」って単語が出てきたら「CDとかを自動起動するための設定ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク