[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.pnf【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointインストール用の設定ファイルに付くよ

pointコンピュータさん向けに形を変えた、拡張子が「.inf」なファイルだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.pnf【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

コンピュータさん向けの形になった、拡張子が「.inf」のファイルに付く拡張子
です。
もう少し、ざっくり書くと

Windowsにおいて、ソフトやドライバをインストールするときに使う設定ファイルによく付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

インストール
設定ファイル
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

インストールは「ソフトとかを使えるように準備すること」です。

.pnf

設定ファイルは「プログラムとかで使用する設定値が書かれているファイル」です。

.pnf2

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.pnf3

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.pnf4

以上を踏まえて、(コンピュータさん向けに変形した)Windowsにおけるインストール用の設定ファイルに付く拡張子が「.pnf」です。

.pnf5

「pnf」の読み方については「ピーエヌエフ」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。

拡張子が「.pnf」のファイルは、Windowsの機能を使って、ソフトやドライバをインストールする際に使います。

実は、Windowsにはインストール機能が付いていてですね。
「おい、この指示に従ってインストールしろや!」と命令すると、えっちらおっちらとインストールしてくれるのです。

その際に使う指示書が、拡張子が「.pnf」のファイルです。

.pnf6

ちなみに、ここまでの説明は拡張子「.inf」の説明と、ほとんど同じだったりします。

拡張子「.pnf」は、拡張子「.inf」の仲間です。
役割は同じです。
インストール用の設定情報が書かれています。

違いはファイルの形式です。

拡張子が「.inf」のファイルはテキストファイル(中身が文字だけのファイル)です。
その気になれば、メモ帳などのテキストエディタで編集できます。

.pnf7

それに対して、拡張子が「.pnf」のファイルはバイナリファイル(中身がぐちゃぐちゃしたファイル)です。
コンピュータさんは中身を理解できますが、人間様は見ても分かりません。

.pnf8

また、拡張子が「.inf」のファイルの「種類」は「セットアップ情報」になっていました。
それに対して、拡張子が「.pnf」のファイルの「種類」は「プレコンパイルされたセットアップ情報」でした。

ファイルの種類を見た限りの推測ですが、おそらく

プレコンパイルされた拡張子が「.inf」のファイルが、拡張子が「.pnf」のファイル

です。

「プレコンパイル」とかいう用語が出てきやがりましたね。
少し話がそれますが「コンパイル」について、説明しておきます。

コンパイルは「人間が分かる言葉で書いたプログラムをコンピュータが分かる言葉に変換すること」です。

プログラムというのは一般的に、まず、人間語で元ネタ(ソースコード)を作ります。
人間語で書かれたプログラムの元ネタファイルは「ソースファイル」です。

.pnf9

次に、ソースファイルをコンピュータさんが分かる形に変換します。

.pnf10

これでコンピュータさんは、プログラムの内容を理解できるようになりました。
あとは実際に動かすだけです。

.pnf11

これがプログラムができるまでの流れです。

この流れにおいて、人間語で書かれたプログラムの元ネタファイルをコンピュータさんが分かる形に変換しましたよね。
この作業が「コンパイル」です。

.pnf12

ただし、今回は、ざっくりと

人間様向けだった形式をコンピュータさん向けの形式に変換する作業

と解釈してください。

それを踏まえて、話を戻します。

上でも書きましたが

プレコンパイルされた拡張子が「.inf」のファイルが、拡張子が「.pnf」のファイル

です。

「プレ」は接頭辞の「pre」でしょう。
意味は「事前」とか、そんなところですかね。
「プレオープン」の「プレ」です。

コンパイルは「コンピュータさん向けの形式に変換する作業」でした。

「プレコンパイル」を「事前に(プレ)コンピュータさん向けに変換(コンパイル)」と読み替えると

プレコンパイルされた拡張子が「.inf」のファイルが、拡張子が「.pnf」のファイル



事前にコンピュータさん向けに変換された拡張子が「.inf」のファイルが、拡張子が「.pnf」のファイル

になります。

いかがでしょう。
何となく分かりますかね?

比較すると

■拡張子「.inf」
・インストールで使う設定ファイル
・テキストファイル
・人間様向け

■拡張子「.pnf」
・インストールで使う設定ファイル
・バイナリファイル
・コンピュータさん向け


です。
拡張子「.inf」が人間様向けの形式です。
拡張子「.pnf」がコンピュータさん向けの形式になります。

拡張子「.inf」と拡張子「.pnf」は、ファイルの形式が違うだけです。
役割は同じです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.pnf」って拡張子が付いていたら「(コンピュータさん向けに変換された)インストールで使う設定ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク