[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.inf【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointインストール用の設定ファイルに付くよ

pointもしくは、何かの情報が書いてあるファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.inf【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

Windowsにおいて、ソフトやドライバをインストールするときに使う設定ファイルによく付く拡張子
です。
あるいは

何かの情報が入っているファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

インストール
設定ファイル
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

インストールは「ソフトとかを使えるように準備すること」です。

.inf

設定ファイルは「プログラムとかで使用する設定値が書かれているファイル」です。

.inf2

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.inf3

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.inf4

以上を踏まえて、Windowsにおけるインストール用の設定ファイルに、よく付く拡張子が「.inf」です。

.inf5

「inf」の読み方については「インフ」や「アイエヌエフ」と読む人が多いと思います。
名前の由来は、よく分かりませんでした。
information(インフォメーション)」でしょうかね。

拡張子が「.inf」のファイルは、Windowsの機能を使って、ソフトやドライバをインストールする際に使います。

実は、Windowsにはインストール機能が付いていてですね。
「おい、この指示に従ってインストールしろや!」と命令すると、えっちらおっちらとインストールしてくれるのです。

その際に使う指示書が、拡張子が「.inf」のファイルです。

.inf6

拡張子が「.inf」のファイルの中身は、例えば以下のようになっています。

[Version]
Signature="$WINDOWS NT$"
Class=System
ClassGuid={4d36e97d-e325-11ce-bfc1-08002be10318}
Provider=%MSFT%
DriverVer=06/21/2006,6.1.7601.17514

[SourceDisksNames]
3426=windows cd

[SourceDisksFiles]
acpi.sys = 3426
wmiacpi.sys = 3426
errdev.sys = 3426


[DestinationDirs]
DefaultDestDir = 12

[ControlFlags]
BasicDriverOk = *
ExcludeFromSelect = *

(中略)

; non-localizable strings
SPSVCINST_TAGTOFRONT = 0x00000003
SPSVCINST_ASSOCSERVICE = 0x00000002
SERVICE_KERNEL_DRIVER = 1
SERVICE_BOOT_START = 0
SERVICE_SYSTEM_START = 1
SERVICE_DEMAND_START = 3
SERVICE_ERROR_NORMAL = 1
SERVICE_ERROR_IGNORE = 0
SERVICE_ERROR_CRITICAL = 3
REG_EXPAND_SZ = 0x00020000
REG_DWORD = 0x00010001
REG_SZ = 0x00000000


いっぱい書いてあったので、途中を省略しました。
実際には、もっと長々と書いてあります。

分かりやすいところで

[SourceDisksNames]
3426=windows cd

[SourceDisksFiles]
acpi.sys = 3426
wmiacpi.sys = 3426
errdev.sys = 3426


に注目してください。

上の部分の

[SourceDisksNames]
3426=windows cd


には

「windows cd」には「3426」の数字を割り当てるよ

と書いてあります。
「windows cd」は「WindowsのCD(コンパクト・ディスク)」でしょう。

下の部分の

[SourceDisksFiles]
acpi.sys = 3426
wmiacpi.sys = 3426
errdev.sys = 3426


には

「acpi.sys」は「3426」にあるよ
「wmiacpi.sys」は「3426」にあるよ
「errdev.sys」は「3426」にあるよ


と書いてあります。
「3426」は上の部分で「windows cd」に対して、割り当てた数字です。

つまり

[SourceDisksNames]
3426=windows cd

[SourceDisksFiles]
acpi.sys = 3426
wmiacpi.sys = 3426
errdev.sys = 3426


には

「acpi.sys」は「windows cd」にあるよ
「wmiacpi.sys」は「windows cd」にあるよ
「errdev.sys」は「windows cd」にあるよ


的なことが書いてあります。
読み替えると

「acpi.sys」は「windows cd」から持ってきてインストールしろ
「wmiacpi.sys」は「windows cd」から持ってきてインストールしろ
「errdev.sys」は「windows cd」から持ってきてインストールしろ


ですかね。
要は、インストールするファイルのコピー元が書いてあるわけです。

このように拡張子が「.inf」のファイルの中には、インストールする際に必要な情報が、あれやこれやと書かれています。

実際の、拡張子が「.inf」のファイルは

%systemroot%\inf

の中に、いろいろ置いてあります。
興味がある人は、覗いてみてください。

あっ、そうそう。
拡張子が「.inf」のファイルは、テキストファイル(中身が文字だけのファイル)です。
その気になれば、メモ帳などのテキストエディタで編集できます。

.inf7

……というのが、一般的な、拡張子が「.inf」のファイルです。

あとは、インストールと関係がなくても、何かの「情報」が書いてあるファイルに対して拡張子「.inf」を付ける場合があります。
いわゆる「information(インフォメーション)」が書いてあるファイルですね。

例えばCDの中に「Autorun.inf」というファイルを置いておくと、CDをパソコンに入れたときに、CD内のプログラムが自動的に動き出します。
Windowsさんが「Autorun.inf」の中身を読んで、その指示に従って、プログラムを動かすからです。

この「Autorun.inf」も拡張子は「.inf」です。
ただし、インストールで使うファイルでは、ありません。
自動実行(auto run)に関する情報(information)が書いてあるファイルです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.inf」って拡張子が付いていたら「インストールで使う設定ファイル、もしくは、何かの情報が書いてあるファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク