[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

UUCP

pointこの用語のポイント

pointデータをやり取りするためのプログラム(コマンド)だよ

pointもしくは、そのためのお約束事だよ

point昔、メールを送ったりするのに使われたよ

point多分、今ではあまり使われていないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

UUCPとは

UNIXマシン間でデータをやり取りするためのプログラム(コマンド)。
あるいは

UNIXマシン間でデータをやり取りするためのお約束事
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「UNIX」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

UNIXは「昔流行ったOSの名前」です。

OSは「パソコンさんの人格に相当するソフト」です。
パソコンさんは、中にOSを入れることによって、パソコンとして動くことができます。
「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。

UUCP

このOSにはWindowsMacなどいくつか種類があります。
その中の1つがUNIXです。

以上を踏まえて、OSがUNIXなコンピュータ間でデータをやり取りするためのプログラムコマンド)が「UUCP(ユーユーシーピー)」です。
UNIX to UNIX copy(ユニックス・トゥ・ユニックス・コピー)」の略で「UUCP」ね。
「UNIXマシンからUNIXマシンへ(データを)コピー(するためのあれこれ)」という意味でしょう。

UUCP2

UUCPは、むかしむかし、メールとかを送るときに使われたそうです。
今でも、どこかでは使われているのかもしれませんが、私は知りません。
むかしの技術で、今ではあまり使われていないと思います。

ちなみに、今回いろいろ調べたのですが「プログラム(コマンド)だよ!」という説明と「プロトコル(お約束事)だよ!」という説明がありました。

それに伴い、UUCPを「UNIX to UNIX copy(ユニックス・トゥ・ユニックス・コピー)」の略ではなく「UNIX to UNIX copy protocol(ユニックス・トゥ・ユニックス・コピー・プロトコル)」の略とする説明もありました。

根拠はありませんが、個人的には

1.もともとはプログラム(コマンド)の名前
2.「FTP」や「SMTP」などと同列に捉えて、最後の「P」を「Protocol(プロトコル)」の省略だと勘違いする人が出てくる
3.「2」に違和感がないので、知ったかぶった人たちの手によって広まる


な流れではないかと推測しています。

あるいは、UUCP(プログラム)を使ってやり取りするためのお約束事がUUCP(お約束事)、とかですかね。

実際のところは私も知りません。

現実的には

1.データをやり取りするためのもの
2.UNIXにくっついている


さえ押さえておけば、困ることは少ないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「UUCP」って単語が出てきたら「データをやり取りするためのプログラム(コマンド)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク