[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

デキュー (dequeue)

pointこの用語のポイント

pointキューからデータを取り出すことだよ

point「エンキュー(enqueue)」の逆だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

デキュー (dequeue)とは

キュー(先に入れたものが先に出る構造になっている何か)からデータを取り出すこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

キュー(queue)は「先に入れたものが先に出る構造になっている何か」ね。

普通のトンネルみたいなものです。
普通のトンネルでは、先に入った車が、逆側から先に出てきますよね。

デキュー(dequeue)

このように、先に入れたものが先に出る構造になっている何かを「キュー」と言います。
キューの詳細は用語「キュー(queue)」の説明をご覧ください。

デキュー(dequeue)2

それを踏まえて、キューからデータを取り出す行為が「デキュー(dequeue)」です。
「否定(接頭辞のde)」+「キュー(queue)」で「デキュー(dequeue)」ですね。

デキュー(dequeue)3

反対に、キューにデータを入れる行為は「エンキュー(enqueue)」と言います。
こちらは「~にする(接頭辞のen)」+「キュー(queue)」で「エンキュー(enqueue)」です。

デキュー(dequeue)4

デキュー(dequeue)とエンキュー(enqueue)は、セットで覚えてあげてください。
キューから出すのがデキューで、キューに入れるのがエンキューです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「デキュー(dequeue)」って単語が出てきたら「キューからデータを取り出すことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク