[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

待ち行列

pointこの用語のポイント

pointデータ構造だよ

point先に入れたものが先に出るよ

pointあるいは「どんだけ待たせるんだよ?!教えろや!」に答えるための理論に関する何かだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

待ち行列とは

「キュー(queue)」のこと。
つまり

先に入れたものが先に出る構造になっている何か
です。
あるいは

「どんだけ待たせるんだよ?!教えろや!」に答えるために生み出されたであろう理論で、混雑具合とか待ち時間をシミュレーションするためのうんちゃらかんちゃらがげふんげふん
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「キュー(queue)」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

キュー(queue)は「先に入れたものが先に出る構造になっている何か」です。

普通のトンネルみたいなものです。
普通のトンネルでは、先に入った車が、逆側から先に出てきますよね。

待ち行列

このように、先に入れたものが先に出る構造になっている何かを「キュー」と言います。
キューの詳細は用語「キュー(queue)」の説明をご覧ください。

待ち行列2

以上を踏まえて、キューの別の呼び名が「待ち行列」です。
先に入れたものが先に出る構造になっている何かを指します。

待ち行列3

これが、データ構造に関する話題で「待ち行列」と出てきた場合の意味です。

実は、他にも「待ち行列」と呼ばれる用語があるらしくてですね。
「待ち行列理論」とか呼ばれるらしいですが、お客さまのやってくる量とサービスを提供する量を元にして、混雑具合とか待ち時間をシミュレーションするあーだこーだがあるらしいのです。

私もよく分かっていないのですが、頑張って説明してみますね。

ピヨ太君が、ミカンをミカン箱に放り込んでいます。

待ち行列4

ピヨ子さんが、ミカン箱からミカンを取り出して食べています。

待ち行列5

取り出すミカンの順番は、放り込まれた順番と同じです。
先に入れたミカンを先に取り出します。

ピヨ太君がミカンを投げ入れるペースとピヨ子さんがミカンを食べるペースが分かれば

1.投げ入れられたミカンがミカン箱にどれくらいの時間入っているか
2.ミカン箱には何個くらいのミカンが入っているか


などが何となく予測できます。

待ち行列6

このような、混雑具合とか待ち時間をシミュレーションする計算式とかあーだこーだが「待ち行列理論」です。
言い換えると「どんだけ待たせるんだよ!教えろや!」に答えるための理論ですかね。

この「待ち行列理論」や、それに関するうんちゃらかんちゃらを「待ち行列」と表現する場合があります。

よって「待ち行列」という用語は

1.先入先出な構造の何か
2.待ち時間をシミュレーションするための何か


のどちらかを指します。
どちらを指すかは、前後の文脈から判断してください。

それにしても、並べて見ると、かなり意味が異なりますね。
「待ち行列」という用語が出てきたら「データ構造の話かな~。待ち時間の話かな~」を最初に意識してください。
区別がついていないと「さっぱり意味が分からない!」な事態にもなりそうです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「待ち行列」って単語が出てきたら「先入先出な構造になっている何か、もしくは、待ち時間をシミュレーションするための何かなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク