[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

人日

pointこの用語のポイント

point作業量を表現する際に使われる単位だよ

point「1人でやったら○日かかるよ」を表現するよ

pointもしくは「1日で終わらせるなら○人必要だよ」を表現するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

人日とは

作業量を表現する際に使われる単位のひとつで「1人でやった場合○日掛かります」の意味
です。

image piyo

詳しく書くよ

「作業量、多分こんくらいなんだけど」を表現する際の単位です。
長くても1ヶ月掛からないくらいの作業量のときによく登場します。

例えば「この作業は3人日くらいですね~」と言ったら「この作業を1人でやったら3日掛かるくらいの量ですね~」と訳せます。
「1人でやった場合は3日」なので、実際には3人がかりで1日で終わらせることもあれば、1人が片手間で一週間くらい掛けることもあります。

人日

システム屋さんがちょっとした作業をする際の見積でもよく登場しますよ。

例えば

ほげほげ作業:単価5万円/日 × 3人日 = 15万円

のような表現をします。

これは「ほげほげ作業をするには1日あたり5万円の人件費が掛かる人を1人投入して3日掛かります」の意味です。

人月で計算するのに比べて良くも悪くもシビアなのが人日計算の特徴です。
当たり前ですけど、ちょっと順調に進まなかっただけですぐズレちゃいますからね。
ほんでズレたらその軌道修正にまた時間が取られる、と。

そのため「人日」計算と「人月」計算は意識的に使い分ける必要があると思います。
以前のお仕事で128人日とか見て笑っちゃったのは良い思い出ですよ(-。-)ぼそっ

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「人日」って単語が出てきたら「『○人でやったら×日かかるよ』のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク