[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ダウンクロック (down clock)

pointこの用語のポイント

pointクロック周波数を本来のテンポより遅くすることだよ

point消費電力とかが下がるよ

pointコンピュータの処理能力も下がるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ダウンクロック (down clock)とは

「アンダークロック」のこと。
つまり

オーバークロックの逆
であり

CPUさんたちが足並みを揃えるための手拍子を、本来のテンポより遅いテンポで打たせること
です。
もう少し小難しく書くと

クロック周波数を下げること
になります。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「アンダークロック」の説明と、ほとんど同じです。既に「アンダークロック」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

順番に見ていきましょう。

CPUは「実際に計算したりあれやこれやの処理を実行するパソコンの部品」ね。

ダウンクロック

パソコンさんの脳みそに相当する部品です。

ダウンクロック2

クロック信号は「CPUさんたちが足並みを揃えるための手拍子」です。
小難しく書くと「回路の同期を取るための周期的な信号」ですが、難しく捉える必要はありません。
「パン、パン、パン、パン」な、ただの手拍子です。

コンピュータの中には、手拍子をするおじさんが住んでいます。
おじさんの仕事は、手拍子をすることです。

ダウンクロック3

コンピュータさんは、手拍子のリズムに合わせて、お仕事をします。

ダウンクロック4

この手拍子が、クロック信号です。

クロック周波数は「クロック信号のテンポ」です。
つまり、手拍子のテンポですね。

クロック周波数の数字が小さいと、手拍子のテンポは遅いです。
コンピュータさんは、それに合わせて、のんびりとお仕事をします。

ダウンクロック5

クロック周波数の数字が大きくなると、手拍子のテンポは速くなります。
コンピュータさんは、それに合わせて、テキパキとお仕事をします。

ダウンクロック6

手拍子のテンポが速ければ速い程、コンピュータさんはテキパキと動きます。
クロック周波数が大きい程、コンピュータの処理性能がアップするわけです。

だったら、クロック周波数の数値は大きい方が良いですよね?

よし!
クロック周波数を上げましょう。
手拍子のテンポを速くしましょう。
コンピュータさんに今までよりもテキパキとお仕事をさせましょう。

そう考えて「手拍子のテンポを本来のテンポより上げる」ことを「オーバークロック」と言います。
本来の手拍子リズムが

(--)ノノパ~ン、パ~ン

だとしたら

(;><)ノノパン、パン、パン、パン

にするイメージです。

オーバークロックを行うメリットは、コンピュータ性能の向上です。
クロック周波数が大きければ大きいほど、一般的には処理が速くなります。

一方のデメリットは熱とか故障絡みの問題です。
コンピュータさんに無理をさせるわけですから、どこまで耐えられるかはコンピュータさん次第です。

脳のリミットを解除して莫大な力を得る代わりに、限界を超えると自滅しちゃうような展開が、マンガとかでもありますよね?
あれに近いイメージです。

ここまでの説明で、オーバークロックについては、何となく分かったでしょうか。

それを踏まえて、オーバークロックの逆、手拍子のテンポを本来のテンポより下げるのが「ダウンクロック」です。

本来の手拍子リズムが

(--)ノノパ~ン、パ~ン

だとしたら

(--)ノノパ~ン……、パ~ン……

にするイメージですね。

ダウンクロックは「アンダークロック」とも呼ばれます。

ダウンクロックのメリット・デメリットは、オーバークロックの逆です。

お仕事のペースがのんびりになるので、熱とか故障絡みの問題が発生する確率は少し下がるでしょう。
いわゆる省エネモードなので、消費電力も少なくて済みます。
これが、ダウンクロックを行うメリットです。

一方のデメリットは、コンピュータの性能です。
お仕事のペースがのんびりになりますからね。
同じ時間で処理できる仕事の量が少なくなります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ダウンクロック」って単語が出てきたら「のんびりと手拍子させることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク