[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ラスタ形式

pointこの用語のポイント

point画像や文字のデータ形式だよ

pointデータを「座標と色」で覚えておくよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ラスタ形式とは

画像や文字のデータを「座標と色」で覚えておくデータ形式のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

文字や画像を料理だと考えると「ラスタ形式(やベクタ形式)」は「レシピの書き方の種類」です。
「どこの座標に何色の点を置くよ~」で表現したレシピを「ラスタ形式」と呼びます。

例えば

(--)

ってな画像があったとします。
このとき「ラスタ形式」では

1.座標1の1に白
2.座標1の2に黒
3.座標1の3に白
4.座標1の4に白
5.座標2の1に白
    ・
    ・
    ・


のような情報の持ち方をします。

ラスタ形式のメリットは、点々で描くので、複雑な絵を表現しやすいことです。
あとは座標に点を置いていくだけなので、ベクタ形式に比べて表示するときにパソコンさんが楽。

一方で拡大縮小や変形すると見た目がカクカクになりやすかったり
画像の見た目が大きければファイルサイズも比例して大きくなります。

ちなみに「ラスタ形式」とよく比較される形式に「ベクタ形式」があります。
ベクタ形式」は「どっちの方向にどれくらい線を引いてね~」の情報を積み重ねて絵を描く方式です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ラスタ形式」って単語が出てきたら「『座標と色』で覚えておくデータ形式のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク