[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

要件定義

pointこの用語のポイント

pointシステム開発における工程の一つだよ

point「何をやりたいの?」をまとめることだよ

point作る人たちとお客さまで話し合ってまとめるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

要件定義とは

システム開発における、お客さまの「こんなものが欲しいんだよね~」をまとめる工程のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

システム開発において、スタートはお客さまの「何がしたいか」です。
自社サービスの場合は、社長とか発案者がお客さまの立ち位置になります。

要件定義

ゴールは「できあがったシステム」です。

要件定義2

システム開発というのは、スタートの「何がしたいか」をゴールの「できあがったシステム」に変換する作業です。

要件定義3

とはいえ、一足飛びにゴールにたどり着くことはできません。
一歩一歩進んでいく必要があります。

最初にやるべき作業は、お客さまの「何がしたいか」をまとめることです。

お客さまだって人間です。
自分の言いたいことをきちんと伝えられるとは限りません。
あるいは、お客さま自身が自覚していない「やりたいこと」もあるはずです。

ですから、お客さまの実現したいことを詳しく聞き取ります。
そして「あなたがやりたいのは、こんなことだよね?」を、お客さまと一緒にまとめます。
これができれば、後から「本当はこんなことがやりたかったのに!」と文句を言われる可能性も減るでしょう。

この、やりたいことをまとめる工程が「要件定義」です。
「どんなシステムが欲しいのか?」もしくは、そもそもの話として「何がやりたいのか?」の認識を、お客さまと作る人たちで合わせるために行います。

要件定義4

ついでなので書いておくと「何がやりたいのか?」の認識を合わせた後は「どんなシステムを作るか?」を考える工程に入ります。
この工程が「基本設計」です。

要件定義5

一般的には、基本設計の次に「詳細設計」を行います。

要件定義6

その後はプログラミングの工程に入りますが、詳細設計とプログラミングの間に「プログラム設計」を行う場合もあります。

要件定義7

プログラムができあがったら、次はテストです。

プログラムというのは、一塊のものを一気に作ることはほとんどありません。
プログラムの部品をいっぱい作って、それを合体することで完成させるのが普通です。

そこで最初のテストは「合体前の部品はそれぞれちゃんと動く?」を確認するテストです。
このテストを「単体試験」と言います。

要件定義8

次に、それぞれの部品が「合体してちゃんと動く?」を確認するテストを行います。
このテストは「結合試験」です。

要件定義9

最後に、システム全体のテストを行います。
言わば、卒業試験みたいなものですね。
このテストを「総合試験」と言います。

要件定義10

これが、システム開発の一般的な流れです。

要件定義11

繰り返しになりますが、このシステム開発の流れにおいて、お客さまの「何がやりたいのか?」をまとめる工程が要件定義です。

要件定義12

もし、ここまでの説明がよく分からない場合は、お家を建てる流れを想像してください。

要件定義13

「どんなお家が欲しいのか?」を、お客さまと相談して決めるのが要件定義です。
「どんなお家が欲しいのか?」を元に、間取りを決めたり図面を引いたりするのが、基本設計や詳細設計です。
実際にお家を建てるのが、プログラミングや試験の工程になります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「要件定義」って単語が出てきたら「お客さまの要望をまとめる工程なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク