[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

/usr/bin/ksh

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointUNIX系のOSで使われるよ

pointkshの本体ファイルだよ

point私の環境では「/etc/alternatives/ksh」のシンボリックリンクだったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

/usr/bin/kshとは

UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)で使われるシェル「ksh」の本体ファイル……のシンボリックリンク
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「/bin/ksh」の説明と、ほとんど同じです。既に「/bin/ksh」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

まずは予備知識から行きましょう。

シェルは「人間様からの入力をコンピュータさんに伝えるプログラム」ね。

/usr/bin/ksh

コンピュータを1つの会社に例えれば、シェルは受付のおねーさんです。

/usr/bin/ksh2

ついでなので書いておくと、コンピュータを使う人間が会社への訪問者、パソコンの中身が会社で働いている人に相当します。

/usr/bin/ksh3

あなたがパソコンの中身と直接やり取りをすることはありません。
あなたがやり取りする相手は、シェルです。
シェルがあなたの代わりに、パソコンの中身とやり取りしてくれます。

/usr/bin/ksh4

シェルの詳細は用語「シェル」の説明をご覧ください。

さて、このシェルですが、いろいろあります。

受付のおねーさんが複数人いるイメージです。
相手をしてくれるおねーさんは1人ですけどね。
2人以上のおねーさんが待機していて、あなたは好きなおねーさんを選べます。
また、途中で、相手をしてくれるおねーさんを変えることもできます。

実際のシェルは

sh
bash
ksh
csh
tcsh
zsh


などです。
いろいろありますが、今回は「ksh」が関係してきます。

あとは「シンボリックリンク」の説明もしておきましょう。
シンボリックリンクは「ファイルフォルダの代理人ファイル」です。
Windowsの方が詳しい人は「ショートカット」みたいなものだと思ってください。

例えば、ファイルAのシンボリックリンクA’があるとしましょう。

/usr/bin/ksh5

このシンボリックリンクA’を開こうとすると、ファイルAが開きます。
ファイルAを直接開いたのと同じ結果です。

/usr/bin/ksh6

シンボリックリンクは、自分がそのファイルやフォルダであるかのように振る舞います。
ただし実際には、ただの成りすましです。
「おーい!ちょっくら来ておくれ~!」と呼び出されると、成りすまし元に「呼ばれてるよ!早く行きなよ!」と押しつけます。

/usr/bin/ksh7

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、シェル「ksh」の本体ファイル……のシンボリックリンクが「/usr/bin/ksh」です。

「usr」ディレクトリの中の「bin」ディレクトリの中の「ksh」ファイルで「/usr/bin/ksh」ね。
UNIX系のOSLinuxとかMacとか)で使われるファイルです。

/usr/bin/ksh8

コマンドラインキーボードだけで操作する画面上の入力行)上で

/usr/bin/ksh

を実行すると、シェル「ksh」が起動します。

また、私の環境

ls -l /usr/bin/ksh

を実行したところ、以下の結果が表示されました。

lrwxrwxrwx. 1 root root 21 5月 1 03:09 /usr/bin/ksh -> /etc/alternatives/ksh

この結果のうち

/usr/bin/ksh -> /etc/alternatives/ksh

の部分に注目してください。
これは

「/usr/bin/ksh」は「/etc/alternatives/ksh」のシンボリックリンクだからね!

を意味しています。
「/usr/bin/ksh」を起動すると、実際には「/etc/alternatives/ksh」が動き出します。

/usr/bin/ksh9

シンボリックリンクにしているのは、大人の事情があるのでしょう。
実際にはシンボリックリンクですが「kshの本体ファイル」と解釈して構いません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「/usr/bin/ksh」って単語が出てきたら「kshの本体ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク