[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

仮想専用サーバ

pointこの用語のポイント

pointレンタルサーバだよ

pointなんちゃって専用サーバだよ

point建物自体はみんなで使うけどプライバシーは守られる団地方式だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

仮想専用サーバとは

「VPS」のこと。
つまり

団地方式でレンタルされているコンピュータのこと
であり

1台のサーバを複数の人で使うけど利用者同士が(あまり)影響しあわない形態になっているレンタルサーバのこと
です。

なんちゃって専用サーバ
と呼んでも良いかもしれません。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「VPS」の説明と、ほとんど同じです。既に「VPS」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

順番に見ていきましょう。

サーバは「サービスや機能を提供する側のコンピュータ」ね。
「○○サーバ」と出てきたら「○○関連のサービスを提供しているコンピュータ」と読み替えてください。
よく分からない人は、単に「コンピュータ」と読み替えてしまっても構いません。
それでも、ある程度の意味は掴めるはずです。

仮想専用サーバ

レンタルサーバは「賃貸サーバ」です。

サーバを自分たちで用意するのは結構大変です。
そこで、業者さんがサーバの貸し出しサービスを始めました。

その業者さんの商品、つまり「貸し出しされるサーバ」がレンタルサーバです。
お家の賃貸住宅や貸倉庫と似たようなイメージですね。

仮想専用サーバ2

ただし、貸し出すと言っても、機械自体を物理的に貸し出してくれるわけではありません。
データセンターなどに置いてあって、インターネットを通して使う形態が一般的です。

仮想専用サーバ3

レンタルサーバの利用形態は、一般的に3つに分類できます。

1.1台のコンピュータを複数の人で使う形態
2.1台のコンピュータを複数の人で使うけど、利用者ごとのスペースは独立している形態
3.1台のコンピュータを1人で使う形態


の3つです。
この3つの形態のうち

2.1台のコンピュータを複数の人で使うけど、利用者ごとのスペースは独立している形態

のレンタルサーバが「仮想専用サーバ」です。

仮想専用サーバは「VPS」とも呼ばれます。
と言いますか、昔は常に「VPS」と表現されていました。
Virtual Private Server(ヴァーチャル・プライベート・サーバ)」の略で「VPS」です。

それが、いつの頃からか「仮想専用サーバ」という表現も使われるようになったのです。
きっと「VPS」だと物をイメージしにくいからでしょうね。
「Virtual Private Server(ヴァーチャル・プライベート・サーバ)」を日本語訳して「仮想専用サーバ」と呼ぶようにしたのだと思います。

それでは次に、仮想専用サーバがどんな物かを説明します。
書いてあることは、VPSで説明した内容と同じです。
VPSの説明を既に読んだ人は、適当に読み飛ばしてください。

仮想専用サーバは、実際の住宅に例えると「団地」です。

仮想専用サーバ4

1つの建物にいろんな人が住んでいますが、それぞれの世帯は独立しています。

例えば、ピヨ太君一家とピヨ子さん一家が同じ建物に住んでいるとしましょう。

お風呂やトイレは世帯ごとにあります。
出入り口も世帯ごとに用意されています。

だから、ピヨ太君もピヨ子さんも、相手のことを意識する必要がありません。

このような団地方式、物理的には1つのサーバを複数人で使っているけど使う人から見れば自分1人で使っている気分になれるレンタルサーバが「仮想専用サーバ」です。

なお

1.1台のコンピュータを複数の人で使う形態

のレンタルサーバは「共用サーバ」と呼ばれています。
実際の住宅に例えると、風呂トイレ共同のアパートです。

仮想専用サーバ5

また

3.1台のコンピュータを1人で使う形態

のレンタルサーバは「専用サーバ」です。
実際の住宅に例えると、一軒家ですね。

仮想専用サーバ6

共用サーバ、専用サーバの詳細は、それぞれの用語の説明をご覧ください。

どの形態のサーバを選ぶかは、使い方次第です。

お値段で言えば、料金が安い順に

共用サーバ(安い)
 ↓
仮想専用サーバ
 ↓
専用サーバ(高い)


となります。

実際の住宅と同じですよね。
基本的には、みんなで1つの建物を使う方が安くなります。

逆に、自由度は

専用サーバ(自由)
 ↓
仮想専用サーバ
 ↓
共用サーバ(不自由)


です。

これも実際の住宅と同じですよね。
1人で1つの建物を使う方が好き勝手に生活できます。

これを表にまとめると以下のようになります。

形態価格自由度
共用サーバ
仮想専用サーバ
専用サーバ


お値段優先なら共用サーバ、性能や自由度重視なら専用サーバ、どちらもそこそここだわりたいなら仮想専用サーバですね。

はじめてレンタルサーバを使う人は、共用サーバで十分です。
当たり外れはありますが、普通に使う分には、そこまで不便はありません。

がっつり本格的なサービスを運営する場合は、専用サーバになるでしょう。
お値段が高い代わりに、VIP待遇です。
交渉次第で、特別な融通を利かせてもらうことも、できたりできなかったりします。

仮想専用サーバは、お値段も自由度も、共用サーバと専用サーバの中間です。
共用サーバでは性能面や自由度で不安を感じるけど専用サーバを導入するのは大げさに感じる場合に、よく利用されます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「仮想専用サーバ」って単語が出てきたら「団地方式のレンタルサーバなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク