[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

データベースサーバ (database server)

pointこの用語のポイント

pointデータベースが置いてあるコンピュータだよ

point1つのシステムで、プログラムとデータベースでコンピュータを分けるときに用意するよ

point負荷分散とか管理のし易さとかを目的として用意するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

データベースサーバ (database server)とは

データーベースはこっちのコンピュータ、プログラムはあっちのコンピュータ、のように、複数のコンピュータで役割分担する構成になっているシステムにおいて、データベースが置いてあるコンピュータを指す表現
です。

image piyo

詳しく書くよ

データベース」+「サーバ」で「データベースサーバ」です。

データベースサーバ

データベースは「整理されたデータのまとまり」ね。
いざ意味を定義しようとすると、結構難しかったりします。
考えないで、感じてください。
イメージは、データがそれっぽい感じに入っている箱です。

データベースサーバ2

サーバは「サービスや機能を提供する側のコンピュータ」です。
「○○サーバ」と出てきたら「○○関連のサービスを提供しているコンピュータ」と読み替えてください。
よく分からない人は、単に「コンピュータ」と読み替えてしまっても構いません。
それでも、ある程度の意味は掴めるはずです。

データベースサーバ3

それを踏まえて、データベースが置いてあるコンピュータが「データベースサーバ」です。
データベースサーバの中には、データベースがあります。

データベースサーバ4

そのまんま過ぎる説明で、よく分からないですよね。

大丈夫です。
順番に説明します。

例えば、ここに、ピヨ太君の作ったぴよぴよシステムがあったとしましょう。
ぴよぴよシステムはWebシステム(インターネットを使うシステム)です。
ホームページを見るのと同じ気分で利用できます。

データベースサーバ5

ぴよぴよシステムの中身は、データベースとプログラムです。
この2つが連携することによって、1つのシステムを形作っています。

データベースサーバ6

ピヨ太君は、新しく買ったコンピュータにぴよぴよシステムを入れました。
そうすると、1台のコンピュータの中に、データベースとプログラムが入ります。

データベースサーバ7

特におかしいところはありませんよね。
ぴよぴよシステムが1台のコンピュータに入っただけです。

さて、ある日のことです。
ぴよぴよシステムが入ってるコンピュータがぶっ壊れました。
どうやら働き過ぎだったようです。

データベースサーバ8

今度はピヨ太君、新しいコンピュータを2台買ってきました。
そして、1台にぴよぴよシステムのデータベースを、もう1台にぴよぴよシステムのプログラムを置きました。

データベースサーバ9

データベースの入ったコンピュータとプログラムの入ったコンピュータを連携させることで、ぴよぴシステムを動かします。
つまり、コンピュータ2台で1つのぴよぴよシステムを動かすわけです。

データベースサーバ10

そうすると、どんな良いことがあるでしょうね?

まずは負荷分散になります。
単純に考えても、今まで1台でやっていた仕事を2台でやるのです。
1台あたりの大変さは半分くらいになるでしょう。

あとは、ちゃんと考えてやれば、管理上のメリットもあります。

例えば、プログラムの中身は、そう頻繁には変わりません。
データベースの中身は、使うごとに変わっていきます。

データベースの入っているコンピュータはバックアップの頻度を上げたり、ぶっ壊れても困らないように二重化したりといった工夫ができます。

もちろん1台でもできますけどね。
役割ごとに分かれていた方が、きめ細かい対応が可能でしょう。

ということで、規模の大きいシステムでは、データーベースはこっちのコンピュータ、プログラムはあっちのコンピュータ、のように、複数のコンピュータで役割分担する構成にすることが多いのです。

データベースサーバ11

このような役割分担した構成のシステムにおいて、データベースが置いてあるコンピュータを指す一般的な表現が「データベースサーバ」です。
省略して「DBサーバ」と呼ばれることもあります。

データベースサーバ12

また、プログラムが置いてある方のコンピュータは「APサーバ」と呼ばれることが多いでしょう。

データベースサーバ13

せっかくなので、データベースサーバ(DBサーバ)とAPサーバは、セットで覚えてあげてください。

データベースサーバは、APサーバからの依頼を受けて、データベース周りの操作を行うのが、お仕事です。
例えば「おーい、このデータを入れておいて~」と言われたら、実際にデータベースにデータを入れて、入れ終わったら「入れておいたよ~」と返事をします。

データベースサーバ14

いわば、データベースの管理コンピュータですね。
データベース周りのあれやこれやを一任されているコンピュータです。

なお、今回はデータベースとプログラムの2つに分けた例で説明しましたが、3つ以上に分ける構成のシステムもあります。
その場合でも、データベースが置いてあるコンピュータがデータベースサーバです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「データベースサーバ」って単語が出てきたら「データベースが置いてあるコンピュータなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク