[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

トロイの木馬 (Trojan horse)

pointこの用語のポイント

pointコンピュータウイルスの種類だよ

point自分を複製しないよ

point裏でこっそり悪さをするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

トロイの木馬 (Trojan horse)とは

コンピュータウィルスの種類を指す用語
であり

自分で自分を複製しない、裏でこっそり悪さをするタイプのコンピュータウイルスのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

コンピュータウイルスは「外からコンピュータの中に忍び込んできて、コンピュータの動きをおかしくしたり、情報を盗んでいったり、他のコンピュータにも広がったりする悪いプログラム」ね。
最近では「マルウェア」と表現されることもあります。

トロイの木馬

コンピュータウイルスには、いろいろな種類があります。
その中の1つで、コンピュータを使っている人にバレないように、裏でこっそり悪さをするタイプのコンピュータウイルスが「トロイの木馬」です。

トロイの木馬2

トロイの木馬の特徴は

1.自分で自分を複製しない
2.裏でこっそり悪さをする


でしょう。

コンピュータウイルスは「ウイルス」の名を冠しているだけあって、自己増殖するものが少なくありません。
そんな中、トロイの木馬は自分では増えないタイプのコンピュータウイルスです。

また、トロイの木馬は大っぴらに悪さをするタイプではありません。
ひっそり潜り込んで、こっそりパスワードを盗んだり、悪い人が入ってこられるように抜け道を作ったりするのが特徴です。

基本的には気配を殺して悪いことをするやつです。
気づかない内に入られている場合もあります。
定期的にウィルススキャンをしてあげてください。

ちなみに「裏でこっそり悪さをする」という特徴から、スパイウェアとの違いで迷う人もいると思います。

スパイウェアは「コンピュータの中の情報をパクってどこかに送るプログラム」です。
こちらも、こっそり忍び込んで、こっそり活動するのが特徴です。

トロイの木馬3

トロイの木馬とスパイウェアの違いは、結構あいまいです。
どちらも、こっそり忍び込んで悪さをします。

あくまで私自身の解釈ですが「スパイウェア」は「情報を盗む」プログラムを指します。
こっそり忍び込んで、こっそり情報を盗んで、どこかに送るプログラムです。

トロイの木馬4

それに対して「トロイの木馬」は「こっそり悪さをする」プログラムです。
「悪さ」の内容は、情報を盗むことに限定されません。
例えば、他の悪いプログラムが侵入する手引きをしたりするのも、やることの1つです。

トロイの木馬5

また、人によっては、コンピュータウイルスとトロイの木馬を別のものと解釈する人もいます。

コンピュータウィルスの種類としてトロイの木馬がある

ではなく

悪いことをするプログラム(マルウェア)の種類として、コンピュータウィルスとトロイの木馬がある

とする解釈です。

トロイの木馬6

この解釈は、コンピュータウイルスと見なす条件として「自己増殖する」が必要と考えると成り立ちます。

確かに「ウイルス」と聞くと、自分で勝手に増えていくイメージがありますよね。

・コンピュータウイルスは自己増殖するもの
・トロイの木馬は自己増殖しないからコンピュータウイルスではない


と解釈すると、コンピュータウイルスとトロイの木馬は別のものになります。

私は

・昔「コンピュータウイルス」と呼んでいたものを今は「マルウェア」と呼ぶ
・マルウェアの分類として「コンピュータウイルス」や「スパイウェア」がある
・コンピュータウイルスの分類として「ワーム」や「トロイの木馬」がある


と解釈していますけどね。

トロイの木馬7

ついでに書くと、トロイの木馬が「マルウェア」の分類なのか「コンピュータウイルス」の分類なのかを、実際には気にしていません。
そこら辺の区別は結構あいまいですし、どのように分類するのが正しいとは言い切れないのが実情です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「トロイの木馬」って単語が出てきたら「自己増殖しないタイプのコンピュータウィルスなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク