[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

木構造

pointこの用語のポイント

point枝分かれして広がっていく構造だよ

point1つの親に対して複数の子を持つよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

木構造とは

「ツリー構造」のこと。
つまり

1つの親に対して複数の子を持つ、枝分かれして広がっていく構造のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

1つの親に対して複数の子を持ち、世代が下がるにしたがって枝分かれして広がっていく構造が「木構造」です。
ツリー構造」と呼ばれる場合もあります。

木構造

例えば、そうですね。

1.AからB1とB2に枝分かれしている
2.B1からC11とC12に枝分かれしている
3.B2からC21が伸びている


構成の何かがあったとしましょう。
※文字だけで追いかけると分かりにくいと思います。図示しながら説明しますので、できれば画像が表示される状態でご覧ください。

木構造2

Aを起点として、下に行くほど広がっていますよね。
このような構造が木構造です。

なお、図に置いて四角で表現した要素は「ノード」と言います。
点と線で表現した場合の、点の部分です。

木構造3

要素同士をつないでいる線の部分は「エッジ」と言います。
点と線で表現した場合の、線の部分です。

木構造4

また、根っこの方(上)が「」です。
広がっていく先(下)が「」になります。

木構造5

例えば、AとB1の関係性では、Aが親です。
B1が子になります。

木構造6

注意点として、親子関係は相対的なものです。
見方によって変わります。

例えば、B1はAとの関係性で言えば「子」です。

木構造7

C11との関係性で言えば「親」になります。

木構造8

これは人間の親子関係と同じです。
あなたのお父さんは、あなたのお祖父さんの息子です。
お父さんは、あなたにとって親であると同時に、お祖父さんにとっての子でもあります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「木構造」って単語が出てきたら「枝分かれ構造なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク