[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スナップショット (snapshot)

pointこの用語のポイント

pointその時点のものだよ

pointそのまま丸ごとだよ

point具体的に何を指すかはケース・バイ・ケースだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スナップショット (snapshot)とは

瞬間を切り取ったモノ
であり

その時点の状態を、そのまま丸ごと保存したもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

結構いろいろな分野で使われる用語です。

1.その時点のものを
2.そのまま丸ごと
3.保存したもの


が「スナップショット」です。

例えば、そうですね。

ここに1台のパソコンがありました。

スナップショット

パソコンさんは、一生懸命お仕事をしています。

スナップショット2

その状態で時間を止めます。

スナップショット3

時間が止まったら、パソコンさんの蓋をパカっと開けます。
中からハードディスクを取り出します。

スナップショット4

取り出したハードディスクのデータコピーしてバックアップ用に保管します。

スナップショット5

コピーし終わったら、ハードディスクを元に戻して、時間を動かします。
時間を止めた時点のハードディスクの中身がコピーされたのを除けば、元通りです。

スナップショット6

このようなバックアップのやり方において、コピーしたハードディスクの中身を「スナップショット」と呼びます。

スナップショット7

あるいは、そうですね。

ここにデータベースが1つありました。

スナップショット8

データベースさんは、一生懸命お仕事をしています。

スナップショット9

その状態で時間を止めます。

スナップショット10

時間が止まったら、データベースさんの蓋をパカっと開けます。
中からデータを丸ごと取り出します。

スナップショット11

取り出したデータをコピーしてバックアップ用に保管します。

スナップショット12

コピーし終わったら、元に戻して、時間を動かします。
時間を止めた時点のデータがコピーされたのを除けば、元通りです。

スナップショット13

このようなバックアップのやり方において、コピーしたデータベースのデータを「スナップショット」と呼びます。

スナップショット14

あるいは……きりがないので、ここまでにしましょう。

このように、その瞬間のモノを丸ごと取り出したものが「スナップショット」です。
「モノ」が何を指すかは、ケース・バイ・ケースです。
ファイルだったり、データだったり、写真だったり、あれやこれやだったりします。
前後の文脈や、状況から判断してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スナップショット」って単語が出てきたら「その時点の状態を丸ごと保存したものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク