[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ボリュームシャドウコピーサービス (VSS)

pointこの用語のポイント

pointWindowsにくっついているバックアップっぽい機能だよ

pointそのままの状態を丸ごと保管するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ボリュームシャドウコピーサービス (VSS)とは

Windowsにくっついている仕組みの1つで、現在のハードディスクの中身を、そのままの状態で丸ごと保管する機能
です。

image piyo

詳しく書くよ

ここに1台のパソコンがありました。

ボリュームシャドウコピーサービス

パソコンさんは、一生懸命お仕事をしています。

ボリュームシャドウコピーサービス2

その状態で時間を止めます。

ボリュームシャドウコピーサービス3

時間が止まったら、パソコンさんの蓋をパカっと開けます。
中からハードディスクを取り出します。

ボリュームシャドウコピーサービス4

取り出したハードディスクに対して、ピヨ太君特製の「外側だけ溶かしちゃうぜ薬品」をかけます。
この薬品をぶっかけると、外側の入れ物が溶けて、中身のデータだけが残るのです。

ボリュームシャドウコピーサービス5

ピヨ太君特製の「外側だけ溶かしちゃうぜ薬品」をハードディスクにかけた結果、ハードディスクの外側は溶けてしまいました。
残ったのは、中に入っていたデータだけです。
このデータはコピーして、どこかに保管しておきます。

ボリュームシャドウコピーサービス6

コピーし終わったら、ハードディスクを元に戻して、時間を動かします。
時間を止めた時点のハードディスクの中身がコピーされたのを除けば、元通りです。

ボリュームシャドウコピーサービス7

このように、現在のハードディスクの中身を、そのままの状態で丸ごと保管する仕組みが「ボリュームシャドウコピーサービス」です。
Volume Shadow Copy Service(ボリューム・シャドウ・コピー・サービス)」を省略して「VSS」と呼ばれることもあります。
あるいは「ボリューム・シャドウ・コピー・サービス」や「ボリュームシャドウコピー」、単に「シャドウコピー」と呼ばれることもあるでしょう。
そこら辺は、ゆるく解釈してください。

ボリュームシャドウコピーサービスは、Windowsにくっついている仕組みです。

ボリュームシャドウコピーサービスは「その時点の」状態を「そのまま」保管します。
ファイルを開いていれば、開いたままです。
プログラムを動かしていれば、動かしている状態のままです。
文字通り、時間を止めて、そのまま引っこ抜くイメージです。

なお留意事項として、本ページの説明は、かなり話を単純化しています。
実際の仕組みは、思いのほか、ややこしいです。
興味がある方は、頑張って勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ボリュームシャドウコピーサービス」って単語が出てきたら「ハードディスクの中身を、そのままの状態で丸ごと保管する機能なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク