[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

IP-PBX

pointこの用語のポイント

point電話交換機だよ

point内線電話にも対応してるよ

pointIP電話用だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

IP-PBXとは

IP電話用のPBX(内線電話も任せとけ!な電話交換機)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から見ていきましょう。
というか、予備知識の内容を理解できれば、IP-PBXも「あぁ、こんな役割の機械か」と理解できると思います。

それでは行きます。

IP電話は「インターネット用の通り道を使った電話サービス」です。
普通の電話は、電話用の通り道を音声データが通ります。
それに対してIP電話は、インターネット用の通り道を音声データが通ります。

IP-PBX

別に覚えなくてもいいですが「VoIP」についても説明しておきます。
VoIPは「インターネット用の通り道を使って電話するための技術」です。
興味がある方は、用語「VoIP」の説明をご覧ください。

ここでは細かい理屈は、すっ飛ばします。
取りあえず

VoIPの技術を使った電話サービスがIP電話

というのだけ覚えておいてください。

最後に、肝心要の「構内交換機(PBX)」です。
PBXは、一言で言えば「内線電話に対応した電話交換機」です。

例えば、内線がAからDまであるとしましょう。外線はEです。

IP-PBX2

内線AとBでお喋りしようと思ったら、Aの線とBの線をつないであげなくてはいけません。

IP-PBX3

内線Cから外線に掛けようと思ったら、Cの線とEの線をつないであげる必要があります。

IP-PBX4

これらの線をつなぎかえて、お話できるようにしてあげるのが、PBXさんのお仕事です。

IP-PBX5

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、IP電話用のPBXが「IP-PBX」です。
Intenet Protocol Private Branch eXchange(インターネット・プロトコル・プライベート・ブランチ・エクスチェンジ)」の略で「IP-PBX」ですが、別に覚える必要はありません。

普通のPBXは、普通の電話用です。

IP-PBX6

IP-PBXは、IP電話用です。

IP-PBX7

ただ、それだけです。
役割は同じです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「IP-PBX」って単語が出てきたら「IP電話用のPBX(内線電話も任せとけ!な電話交換機)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク