[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

電話交換機

pointこの用語のポイント

point電話をかけた相手と回線をつなぐ機械だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

電話交換機とは

電話をかけた相手の電話回線と自分の電話の電話回線をつなげて、お話しできるようにしてくれる機械のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ここにピヨ太君の電話機があります。

電話交換機

ピヨ太君の電話機からは線が伸びています。
この線はNTTさんにつながっています。

電話交換機2

ここにピヨ子さんの電話機があります。

電話交換機3

ピヨ子さんの電話機からは線が伸びています。
この線はNTTさんにつながっています。

電話交換機4

ここにピヨ太ママの電話機があります。

電話交換機5

ピヨ子太ママの電話機からは線が伸びています。
この線はNTTさんにつながっています。

電話交換機6

さて、ピヨ太君がピヨ子さんに電話をかけたとしましょう。

電話交換機7

ピヨ太君とピヨ子さんがお話をするためには、ピヨ太君の電話機から伸びた線とピヨ子さんの電話機から伸びた線がつながっている必要があります。
そこで、NTTでアルバイトをしているアクマ君が、ピヨ太君の電話機から伸びた線とピヨ子さんの電話機から伸びた線を結んであげました。

電話交換機8

これで、ピヨ太君はピヨ子さんとお話ができます。
めでたしめでたし。

おっと、ピヨ太君のやつ、今度はピヨ太ママに電話をかけたようです。

電話交換機9

ピヨ太君とピヨ太ママがお話をするためには、ピヨ太君の電話機から伸びた線とピヨ太ママの電話機から伸びた線がつながっている必要があります。
そこで、アクマ君は、ピヨ太君の電話機から伸びた線とピヨ太ママの電話機から伸びた線を結んであげました。

電話交換機10

これで、ピヨ太君はピヨ太ママとお話ができます。
めでたしめでたし。

この話における、アクマ君の役割をする機械が「電話交換機」です。

電話交換機11

むか~し、むかし、アクマ君みたいな人は本当にいました。
いわゆる「電話交換手」と呼ばれるお仕事の人たちです。

電話交換機12

それが時代の流れと共に、人力ではやってられなくなったのですね。
電話を利用する人も多くなりましたし、技術が進歩して、わざわざ人間様がやる必要もなくなりました。

そして、登場したのが電話交換機です。
人間様の代わりに、電話回線同士をつなげるお仕事をしてくれます。

電話交換機13

というのが、NTTさんの中にある電話交換機の話です。

他にも「電話交換機」と呼ばれている機械はあります。

例えば「構内交換機(PBX)」です。
PBXは「内線電話も任せとけ!な電話交換機」です。

例えば、内線がAからDまであるとしましょう。外線はEです。

電話交換機14

内線AとBでお喋りしようと思ったら、Aの線とBの線をつないであげなくてはいけません。

電話交換機15

内線Cから外線に掛けようと思ったら、Cの線とEの線をつないであげる必要があります。

電話交換機16

これらの線をつなぎかえて、お話できるようにしてあげるのが、PBXさんのお仕事です。

電話交換機17

「電話交換機」と出てきたら「電話回線同士をつなげてお話しできるようにする機械」と読み替えてください。
それで何となくの意味は掴めると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「電話交換機」って単語が出てきたら「電話をかけたときに回線同士をつなげる機械なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク