[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コンプライアンス (compliance)

pointこの用語のポイント

point「ルールを守る」とか「守るべきルール」とか、そんな感じの意味だよ

point「法令順守」って訳されることが多いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コンプライアンス (compliance)とは

「ルールを守る」とか「守るべきルール」みたいなことをカッコつけて言った用語
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
横文字大好きIT業界でも、ちょいちょい登場します。
気が向いた方は覚えてあげてください。

「ルールを守る」もしくは「守るべきルール」をカッコつけて言った用語が「コンプライアンス」です。
ちょっと気取った人たちは「法令順守」と訳します。

コンプライアンス

恐らく、本来の意味は「ルールを守る」や「ルールを守ること」です。
例えば「コンプライアンスを徹底する」であれば「ルールを守ることを徹底する」の意味になります。

コンプライアンス=ルールを「守る」

です。

ただし、世の中には「コンプライアンス違反」のような用語もあります。
こちらは「ルールを守ること違反」と読み替えるよりは、単に「ルール違反」と読み替えた方がスッキリします。

そこから派生したのかなんなのか「コンプライアンスを守る」のような言い回しを使う人も少なくありません。
「コンプライアンスを守る」と言った場合は

コンプライアンス=守るべき「ルール」

と解釈して使われているはずです。
「ルールを守るを守る」では、おかしいですからね。

細かい違いですが

1.(ルールを)守る
2.(守るべき)ルール


の2つの使われ方をしている用語です。
どちらの意味で使われているかは前後の文脈から判断してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コンプライアンス」って単語が出てきたら「ルール(を守ること)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク