[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

schtasks【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindows系で使えるコマンドだよ

pointタスク スケジューラのタスクをあれこれするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

schtasks【コマンド】とは

タスク スケジューラのタスクをあれこれするときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

タスク スケジューラは「指示した時間に指定したプログラムを動かしてくれるやつ」ね。
Windowsの管理系機能の一つです。
あらかじめ「いついつにどのプログラムを動かせ!」と設定しておくと、人間様から個別の指示が無くても、実行してくれます。

schtasks

タスク スケジューラに登録されているお仕事ひとつひとつを「タスク」と言います。

それを踏まえて、コマンドライン上からタスク スケジューラのタスクをあれこれするときに使うコマンドが「schtasks」コマンドです。

「schtasks」コマンドはWindows系で使えます。

書き方は

schtasks /Create [オプション]

もしくは

schtasks /Delete [オプション]

もしくは

schtasks /Change [オプション]

もしくは

schtasks /Run [オプション]

もしくは

schtasks /End [オプション]

もしくは

schtasks /ShowSid [オプション]

もしくは

schtasks /?

です。
パラメータと処理の関係性は以下の通りです。

パラメータ説明
/Createタスクを登録する
/Deleteタスクを削除する
/Queryタスクを表示する
/Changeタスクを変更する
/Runタスクを実行する
/End実行中のタスクを停止する
/ShowSidセキュリティIDを表示する
/?ヘルプを表示する

オプションは、それぞれのパラメータごとに、なんか、いろいろあります。

使い方は、それぞれのパラメータに続けて「/?」を付けて確認してください。
順番に全部書いていこうかとも思ったのですが、面倒くさくなりました。

schtasks /Create /?

とかやれば、それぞれの使い方を確認できます。

なお、パラメータを指定しないで

schtasks

を実行すると、現在登録されているタスクの一覧が表示されます。
まずは、それからやってみてはいかがでしょう。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「schtasks」ってコマンドが出てきたら「タスク スケジューラのタスクをあれこれするときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク