[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

物理NIC

pointこの用語のポイント

point普通のNIC(ネットワークカード)だよ

point「仮想NIC」と対比するときに登場するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

物理NICとは

仮想NICと対比されるときに登場する用語で、その気になれば殴ったり蹴ったりできるNIC(ネットワークカード)のこと。
要するに

普通のネットワークカードのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

NICは「LANケーブル(インターネットをするときにパソコンにつなぐ線)を挿す穴がくっついている、パソコンに合体させる部品」ね。
ネットワークカードLANカードとも呼ばれます。
※「NIC」より「ネットワークカード」の方がイメージしやすいと思うので、本ページでは以降「ネットワークカード」と書きます。

物理NIC

世の中には、2種類のネットワークカードがあります。

普通のネットワークカードと、パソコンの中に作られた「なんちゃってネットワークカード」です。

なんちゃってネットワークカードは「仮想NIC」と呼ばれています。

物理NIC2

仮想NICは、コンピュータの中にあるネットワークカードです。
ですから、蹴っ飛ばせません。

物理NIC3

それに対して、普通のネットワークカードは現実世界にあります。
その気になれば、蹴っ飛ばせます。

物理NIC4

以上を踏まえて、その気になれば蹴っ飛ばせる、普通のネットワークカードが「物理NIC」です。

物理NIC5

「物理NIC」という表現は「仮想NIC」と対比するためにあります。
「仮想NICじゃないよ!」と強調したいときに使う用語です。

仮想NICが関係しない話題の場合は、単に「NIC(ネットワークカード)」と表現されるはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「物理NIC」って単語が出てきたら「普通のネットワークカードのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク