[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

仮想 (virtual)

pointこの用語のポイント

point「なんちゃって」だよ

point実際には違うけどそれっぽいのだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

仮想 (virtual)とは

「仮想○○」という形で登場することが多く「実際には違うけど○○っぽいやつ」のこと
です。
もう少しざっくり書くと

「なんちゃって○○」のこと
ですね。
辞書的な意味は

仮の状況を想定して考えること
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「なんちゃって」が「仮想」です。
「仮想○○」という形で登場することが多いです。
実際には違うけど、それっぽくなっているやつを指します。

仮想

コンピュータ関連で「仮想○○」と出てきたら「なんちゃって○○」や「(本当は違うけど)○○っぽいやつ」と読み替えてください。
それで、何となくの意味は掴めるはずです。

例えば、そうですね。

仮想マシン」という用語があります。
仮想マシンは「コンピュータの中に作られた、なんちゃってコンピュータ」です。
ソフトウェアを使ってコンピュータ内に擬似的に再現したコンピュータを指します。
仮想マシンは、実際にはコンピュータではありません。
ですが、使う人にとっては本物のコンピュータと同じです。

仮想2

仮想メモリ」という用語もあります。
仮想メモリは「なんちゃってメモリ」です。
仮想メモリは、実際にはハードディスクです。
メモリでは、ありません。
ですが、コンピュータさんからはメモリとして扱われます。

仮想3

他にも、いろいろな「仮想○○」があります。

あるいは「仮想化」という用語もあります。
仮想化は「実際には違うけどそれっぽく振る舞うようにすること」です。
つまり「なんちゃって」を作る行為を指します。

これが、コンピュータ関連でよく出てくる「仮想」の意味です。
「仮想○○」で「なんちゃって○○」もしくは「○○っぽいやつ」ね。

あとは、辞書的な意味にも触れておきましょう。
「仮定して考える」のが「仮想」です。
仮の状況を想定して考える行為を指します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「仮想」って単語が出てきたら「『なんちゃって』なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク