[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

iPhoneアプリ

pointこの用語のポイント

pointソフトだよ

pointiOS(iPhoneとかiPadとか)で動くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

iPhoneアプリとは

iPhoneとかiPadとかで動くソフトのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

iPhoneは「Appleさんが作ったスマートフォンスマホ)の名前」ね。
リンゴのマークのスマホです。

iPhoneアプリ

スマホもパソコンと同様に「OS」と呼ばれる基本ソフトが中に入っています。
OSは、パソコン(とかスマホとか)の人格に相当するソフトです。
OSが中に入ることによって、はじめてパソコン(とかスマホとか)としてのお仕事ができます。

iPhoneアプリ2

iPhoneの中に入っているOSは「iOS」という名前です。

ここが1つのポイントです。
覚えておいてください。

「iPhone」というのは、あくまでスマホの「機種名」です。
iPhoneのOSは「iOS」になります。

スマホOS
iPhoneiOS


iPadは「でっかくなって電話機能がなくなったiPhoneっぽいやつ」です。

iPhoneアプリ3

iPhoneとの大きな違いは、電話機能の有無と大きさくらいでしょうか。
iPadのOSも、iPhone同様に「iOS」です。

スマホOS
iPhoneiOS
iPadiOS


あと、ついでなので書いておくと、iPhoneとよく比較される「Android」はOS(とその他もろもろ)の名前です。
OSがAndroidのスマホは「Android端末」と呼ばれたりします。

スマホOS
iPhoneiOS
iPadiOS
Android端末Android


アプリ」についても説明しておきましょう。
アプリは「アプリケーション」の省略表現です。
ソフトウェアソフト)」と読み替えてしまって、構いません。

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、iPhoneとかiPadで動くソフトが「iPhoneアプリ」です。

iPhoneもiPadも、OSはiOSです。
iPhoneアプリは「iOSで動くソフト」とも言えるでしょう。

そのため「iOSアプリ」と呼ばれることもあります……と言いたいところですが、あまり呼ばれません。
たまに「iOSアプリ」と表現する人もいますが「iPhoneアプリ」もしくは「iPhone/iPadアプリ」と表現する人が多いと思います。

なお、iPhoneとiPadの中身は、基本的には同じです。
iPhoneで動くアプリは、基本的にはiPadでも動きます。

ただし、画面の大きさが違います。
それによって、使いやすいボタン配置や大きさ等も変わってくるはずです。

特にiPadで使うことを想定して作られたアプリは「iPadアプリ」と呼ばれたりします。
iPadアプリをiPhoneで動かすこともできますが、きっと使いにくいんじゃないですかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「iPhoneアプリ」って単語が出てきたら「iPhoneとかで動くソフト(iOSで動くソフト)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク