[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

acpid

pointこの用語のポイント

pointデーモンだよ

pointACPI関連のイベントを受け取るよ

point電源管理に関するあれこれをするやつだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

acpidとは

ACPIイベントを受け取って、あーだこーだな、電源管理に関するお仕事をしているデーモンさん
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

ACPIは「パソコンさんの電源管理に関する規格(の1つ)」ね。

例えば、パソコンさんの電源を切る流れを想像してみてください。

電源を切るときは、パソコンさんの電源ボタンをポチっと……押さないですよね。
電源ボタンをポチっと押して電源を切ると、パソコンさんはビックリしてしまいます。
場合によっては、ふてくされて次から仕事をしてくれなくなるでしょう。

acpid

そんな事態を避けるために、パソコンさんの電源を切るときは、画面上から「パソコンの電源を切ってよ処理」を実行します。
いわゆる「シャットダウン」と呼ばれる処理ですね。

そうすると、パソコンさんの機嫌を損ねることなく、電源を切れます。

acpid2

ここで、ちょっと考えてみてください。

あなたは「パソコンの電源を切ってよ!」の指示を、画面上で行いました。
この指示を最初に受け取るのは、パソコンさんの中にある何らかのソフトです。

acpid3

このソフトが、パソコンさんの本体(機械の部分:ハードウェア)に対して「電源切れってさ!」と、あなたからの指示を伝えます。

acpid4

そうすると、パソコンさんの本体(機械部分)は電源を切って眠りにつきます。

acpid5

これが、パソコンさんが終了するときの流れです。

1.人間様からの指示
  ↓
2.ソフトが指示を受け取ってハードウェアに伝える
  ↓
3.ハードウェアの電源が切れる


です。

acpid6

パソコンの中に限定して見れば、この状況は

ソフトが電源を管理している

と言えるでしょう。

acpid7

この流れ、ソフトによるパソコンさんの電源管理に関する決まり事(規格)の1つが「ACPI」です。
よく分からなければ「電源管理に関する決まり事」とだけ、覚えておいてください。
それで十分です。

あとは「デーモン」の説明もしておきましょう。
デーモンは「UNIXOSMacとかLinuxとか)における常駐プログラムの呼び名」です。
Windowsに詳しい方は、Windowsにおける「サービス」がUNIX系OSにおける「デーモン」と解釈してください。

デーモンさんは、メモリ上でお仕事が来るのをぼーっと待っていて、お仕事が来るとささっと実行し、終わるとまた待機状態に戻ります。
休みなんてありゃしない、常に戦闘態勢を維持することが求められているプログラムです。

acpid8

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、ACPIイベントを受け取って、うんちゃらかんちゃらをするデーモンさんが「acpid」です。

例えば、人間様が「パソコンを終了するぞ!」な指示を出したとしましょう。

acpid9

そうすると「パソコンを終了するぞ!」の指示がパソコンの中に伝わります。

acpid10

ちなみに、パソコンの中に伝わった「パソコンを終了するぞ!」な指示は「イベント」と呼ばれたりします。

acpid11

この、パソコンの中に伝わった指示(イベント)を受け取るのが、acpidです。

acpid12

指示を受け取ったacipdさんは、指示の内容に従って、関係部署に必要な連絡を回します。
指示が「電源を切れ!」だったら「皆の者~、電源を切れってさ~!」と連絡します。
指示が「再起動しろ~!」だったら「皆の者~、再起動の指示が来たぞ~!」です。

acpid13

このように、人間様が出した電源に関する「あれしろ」「これしろ」の指示を受け取って、実際に働くやつらに伝える仕事をしているのがacpidです。
ざっくり書くと、電源管理に関する仕事をしているデーモンさんですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「acpid」って単語が出てきたら「電源管理に関するデーモンなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク