[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ニッチ

pointこの用語のポイント

pointマイナーな何かだよ

point「隙間」って訳されることが多いよ

point良い意味でも悪い意味でも使われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ニッチとは

小規模だったり、誰も気づいていなかったり、マニアックだったり、良いか悪いかは別にしてマイナーな何かを指す用語
です。
ビジネスの場では

いわゆる「隙間産業」のこと
を意図している場合が多いでしょう。
ただし、経営者の方が連呼している場合は

実は結構儲かりそうなんだけど、他の人たちが気付いていないような分野
を求めていると解釈してください。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
気取った方々が好んで使います。

IT業界でも、自社サービスの話とかをしていると、ちょいちょい登場する用語です。
気が向いた方は覚えてあげてください。

実は明確に定義するのが難しい用語だったりしますが

・小規模
・盲点
・マニアック


のような雰囲気を持つ用語が「ニッチ」です。

取りあえず、マイナーなものを指すのは確実ですね。
メジャーなものを「ニッチ」とは呼びません。

それ以外の意味付けは、前後の文脈によって変わったりします。
何となくの雰囲気で理解してください。

「ニッチ」という用語は、良い意味でも、良くない意味でも使われます。

例えば「ニッチなニーズを開拓しよう!」であれば「誰も気づいていない金儲けの場を探してみよう!」……と書くと、直接的すぎますね。
「広く世の中には知られていないけど、実はみんなが欲しがっていそうな商品やサービスを探してみよう」くらいの意味です。
肯定的なニュアンスですね。

「ん~、その分野はニッチだから難しいんじゃないかな~」であれば「規模が小さい分野だから、上手くいかないんじゃないかな~」のような意味になります。
こちらは否定的なニュアンスですね。

「ニッチ」と出てきたら「隙間」「マイナー」「独創的」などと読み替えてみてください。
それで、何となくのニュアンスは掴めると思います。

また、本来の意味は置いておいて、ビジネスの場では「ニッチ市場」の省略表現として使われることが多いでしょう。
意味は、いわゆる「隙間産業」です。
でっかい会社さんが攻め込んで来ていないビジネスの場を指します。

ニッチ

ニッチな市場というのは、一般的に小規模です。
将来的には、でっかくなるかもしれませんけどね。
「ニッチ」と呼ばれている時点では、小規模なことが多いです。

小規模なので、数字の絶対数が小さいです。
大きい会社さんにとっては、労力の割に実入りが少ない、割の良くない市場でしょう。

ですが、小・中規模な会社さんにとっては、魅力的なことが少なくありません。

でっかい会社が競争相手にならないのですからね。
助かります。

見えている旨みが少ないということは、競争相手が多くないということです。
助かります。

現時点で小規模とはいっても、将来的には分かりません。
ガッツリと成長する可能性はあります。
夢が膨らみますね。

よって、小・中規模な会社の経営者の方などは、ニッチな商材を探していることが少なくありません。
「他の人が気付いていない金儲けのネタは転がってないかな~」です。
その場合、あくまで個人的な考えですが「儲かりそうだけど、他の人が気付いていない分野」と読み替えるのが、一番しっくりきます。

要は金儲けがしたいのですよ。
でも、有名どころは、競争相手が多くて大変なのです。

だから、まだ誰も気づいていないような分野で、こっそり儲けたいのです。
そんな「競争相手が少ないけど儲かりそう」な分野を意図して「ニッチ(市場・産業)」と表現したりします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ニッチ」って単語が出てきたら「マイナーな何かなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク