[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

%TEMP%

pointこの用語のポイント

pointWindowsが使うtempフォルダの場所を表しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

%TEMP%とは

Windowsで使われる表現の1つで、Windowsのtempフォルダ(一時的に使うファイルを置く場所)を表したもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

OSは「パソコンさんの人格に相当するソフト」ね。
パソコンさんは、中にOSを入れることによって、パソコンとして動くことができます。
「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。

%TEMP%

OSは、いろいろあります。
その、いろいろある中の1つが「Windows」です。
Windowsは、マイクロソフトさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)です。

%TEMP%2

tempファイル」と「tempフォルダ」についても説明しておきましょう。

temp」自体は「一時的な」って意味です。
「temp○○」という形で登場します。
用がなくなったら捨てちゃう何かです。

%TEMP%3

tempファイルは「何かの目的で一時的に作る(作った)ファイル」です。

%TEMP%4

tempファイルを置いておくフォルダは「tempフォルダ」と呼ばれます。

%TEMP%5

以上を踏まえて「Windowsが使うtempフォルダ」を指す表現が「%TEMP%」です。

論より証拠です。
実際に見てみましょう。

まずは、コマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)を起動します。

%TEMP%6

私の環境(Windows 7 64bit)を例に説明すると

スタートメニュー
 ↓
すべてのプログラム
 ↓
アクセサリ
 ↓
コマンド プロンプト


をポチっと押すか、スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」の欄に

cmd

入力して、出てきた「cmd.exe」をポチっと押すと、黒い画面が表示されます。

黒い画面が表示されたら

echo %TEMP%

と入力して、エンターキーをバチコーン!と押してください。

echo」は「画面に表示してよ」な命令です。

echo %TEMP%



「%TEMP%」(の中身)を画面に表示してよ

な命令になります。

命令を実行すると、私の環境では

C:\Users\piyota\AppData\Local\Temp

と表示されました。

これは

「C:」っていうフォルダ(ドライブ)の中にある「Users」ってフォルダの中にある「piyota」ってフォルダの中にある「AppData」ってフォルダの中にある「Local」ってフォルダの中にある「Temp」フォルダ

を表しています。
私のパソコンさんは、このフォルダをtempフォルダとして使っているようです。

もしも、違う場所をtempフォルダにすれば「%TEMP%」の値も変わります。

例えば「C:\tekitou\temp」をtempフォルダとして使っていたとしましょう。
その状態で

echo %TEMP%

を実行すると、表示される結果は

C:\tekitou\temp

になります。

ちなみに「%TEMP%」と似たようなやつで「%TMP%」というのがあります。
「%TEMP%」と「%TMP%」の違いは分かりません。
設定されている値は、私の環境では同じでした。
推測ですが、役割は同じだと思います。
どっちを使っても大丈夫なように、2つあるのではないでしょうか。

これが「%TEMP%」です。
何となく分かりましたでしょうか。

満足した方は、ここで読むのを止めて構いません。
ここから先は、ちょびっとだけ専門的なことを説明します。

……あっ、読んでくださるのですね。
ありがとうございます。

パソコンさんには「環境変数」と呼ばれるものがあります。
環境変数は「OSが提供しているプログラムさん向けの伝言板」です。

要は、変数(値を入れておく箱)なんですけどね。
いろんなプログラムで一緒に使えるようになっているのです。

環境変数の中身を見たいときは、黒い画面上で

echo %【環境変数の名前】%

を実行します。

例えば、環境変数「hoge」の中身を知りたいとしましょう。
そんなときは

echo %hoge%

を実行します。
そうすると、画面上に環境変数「hoge」の中身が表示されます。

おやおや~。
この書き方、どこかで見ましたね。

そうです。

echo %TEMP%

と同じです。

つまり、実際には「TEMP」という名前の環境変数があるのです。
この環境変数「TEMP」の中に、tempフォルダの場所が値として入っています。
そして、環境変数「TEMP」の中身を表示する命令が

echo %TEMP%

です。

流れとしては

環境変数「TEMP」がある
 ↓
環境変数「TEMP」には、tempフォルダの場所が書いてある
 ↓
環境変数「TEMP」を表示するときは「echo %TEMP%」を実行する
 ↓
「echo %TEMP%」を実行すると、tempフォルダの場所が表示される
 ↓
tempフォルダの場所を「%TEMP%」と表現する


になります。

環境変数のくだりは、知っていても、あまり役には立ちません。
逆に、知らなくても困ることはありません。
ただし、仕組みとして知っていると、他の場面でも応用が利きます。
余裕がある方は、覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「%TEMP%」って単語が出てきたら「tempフォルダを表現しているんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク