[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

mstsc.exe

pointこの用語のポイント

point実行ファイルだよ

pointWindowsでリモートデスクトップ接続するときに使うよ

pointリモートデスクトップの接続画面が表示されるよ

point私の環境では「%systemroot%\System32\mstsc.exe」と「%systemroot%\SysWOW64\mstsc.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

mstsc.exeとは

Windowsでリモートデスクトップの接続画面を表示するときに使う実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

実行ファイルは「プログラムファイル」ね。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

mstsc.exe

リモートデスクトップ」も覚えてあげてください。
リモートデスクトップは「パソコンを遠隔操作する機能」です。
接続先のパソコンを指定して「おらぁ!身も心もゆだねろやぁ!」と指令を出すと、(相手が許可していれば)好き勝手に操作することができます。

mstsc.exe2

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Windowsにおけるリモートデスクトップの接続画面を表示するときに使う実行ファイルが「mstsc.exe」です。

「mstsc.exe」は、私の環境(Windows 7の64bit版)では以下の場所にありました。

%systemroot%\System32\mstsc.exe

%systemroot%\SysWOW64\mstsc.exe

このファイルをべちべちっ!とダブルクリックすると、リモートデスクトップの接続画面が表示されます。

mstsc.exe3

あとは、接続先のパソコンを指定して「接続」ボタンを押すだけです。
権限があれば、接続先のパソコンを遠隔操作できる状態になります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「mstsc.exe」って単語が出てきたら「リモートデスクトップの接続画面を表示するときに使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク