[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DfrgUI.exe.mui

pointこの用語のポイント

point「dfrgui.exe」が動くときに使われるよ

point多言語対応用のファイルだよ

point言語に依存するデータが入っているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DfrgUI.exe.muiとは

「dfrgui.exe」の子分で、言語(日本語とか英語とか)に依存するデータが入っているファイル
です。

「dfrgui.exe」を多言語に対応させるためのファイル
とも言えます。

image piyo

詳しく書くよ

※このページに記載されている内容はWindows 7時点のものです。将来的には変わってくると思います。

順番に見ていきましょう。

デフラグは「Windowsの機能の一つで、ハードディスクの中身を整理します機能」ね。

ハードディスクを使っていると、少しずつ中身がごちゃごちゃしてきます。
お片づけをしないで住み続けると、部屋がカオスな状態になるのと一緒です。

DfrgUI.exe.mui

このごちゃごちゃ状態を解消する整理整頓機能が「デフラグ」です。

DfrgUI.exe.mui2

dfrgui.exe」は「デフラグのメニュー画面を表示するときに使う実行ファイル」です。
ファイルを、べちべちっ!とダブルクリックすると、デフラグ用のメニュー画面が表示されます。

DfrgUI.exe.mui3

拡張子(ファイルの種類を表す目印)が「.mui」のファイルは、言語に依存するデータが入っているファイルです。

DfrgUI.exe.mui4

「.mui」ファイルは、ソフトの多言語対応を見据えて用意されるファイルです。
ピヨ太君の作った「ぴよぴよソフト」を例に、本体ファイルと「.mui」ファイルの関係性を見てみましょう。

ぴよぴよソフトの本体ファイルは「piyota.exe」です。
このファイルが、ぴよぴよソフトとしての仕事をします。

DfrgUI.exe.mui5

「ja-JP」フォルダの中にある「piyota.exe.mui」には、ぴよぴよソフトで使う、日本語に依存するデータが入っています。
例えば、メニュー項目の「ファイル(F)」などの表示内容です。
言い方を変えると、ぴよぴよソフトの日本語化ファイルですね。

DfrgUI.exe.mui6

「piyota.exe」と「ja-JP」フォルダの中にある「piyota.exe.mui」が合体することによって、日本語表示のぴよぴよソフトになります。

DfrgUI.exe.mui7

ある日のことです。
ピヨ太君は、ぴよぴよソフトをぴよぴよ語に対応させることにしました。

DfrgUI.exe.mui8

確か、言語に依存するデータは「.mui」ファイルに入っていましたよね。
そこでピヨ太君は、ぴよぴよ語用の「piyota.exe.mui」を作って「ぴよぴよ語」フォルダの中に置きました。

DfrgUI.exe.mui9

次に「piyota.exe」と「ぴよぴよ語」フォルダの中にある「piyota.exe.mui」を合体させたのです。
これで、ぴよぴよソフトはぴよぴよ語で表示されるようになりました。

DfrgUI.exe.mui10

日本語で使いたければ、日本語用の「.mui」ファイルを本体ファイルと合体させます。
ぴよぴよ語で使いたければ、ぴよぴよ語用の「.mui」ファイルを本体ファイルと合体させます。
このような仕組みにしておくことで、本体ファイルを変更することなく多言語対応が可能になる理屈です。

DfrgUI.exe.mui11

以上を踏まえて「dfrgui.exe」と合体する、言語に依存するデータが入っているファイルが「DfrgUI.exe.mui」です。

日本語用の「DfrgUI.exe.mui」が「dfrgui.exe」と合体すれば、日本語版として動くようになります。
○○語用の「DfrgUI.exe.mui」が「dfrgui.exe」と合体すれば、○○語版として動くようになります。
「DfrgUI.exe.mui」は「dfrgui.exe」を多言語対応させるためのファイルです。

私の環境(Windows 7 64bit 日本語)では「DfrgUI.exe.mui」は以下の場所にありました。

%systemroot%\System32\ja-JP\DfrgUI.exe.mui

%systemroot%\SysWOW64\ja-JP\DfrgUI.exe.mui

他にもあるかもしれませんが、取りあえず気にしないでください。
ポイントは「ja-JP」の部分です。

「ja-JP」フォルダの下に「DfrgUI.exe.mui」があるのは、私のパソコンが日本語環境だからです。
ぴよぴよ語環境であれば、例えば

%systemroot%\System32\ぴよぴよ語\DfrgUI.exe.mui

のような場所になると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DfrgUI.exe.mui」って単語が出てきたら「dfrgui.exeと合体する、多言語対応用のファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク