[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

dfrgui.exe

pointこの用語のポイント

point実行ファイルだよ

pointデフラグするときに使うよ

pointデフラグのメニュー画面が表示されるよ

point私の環境では「%systemroot%\System32\dfrgui.exe」と「%systemroot%\SysWOW64\dfrgui.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

dfrgui.exeとは

デフラグのメニュー画面を表示するときに使う実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

dfrgui.exe

デフラグ」も覚えてあげてください。
デフラグは「Windowsの機能の一つで、ハードディスクの中身を整理します機能」です。

ハードディスクを使っていると、少しずつ中身がごちゃごちゃしてきます。
お片づけをしないで住み続けると、部屋がカオスな状態になるのと一緒です。

dfrgui.exe2

このごちゃごちゃ状態を解消する整理整頓機能が「デフラグ」です。

dfrgui.exe3

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、デフラグのメニュー画面を表示するときに使う実行ファイルが「dfrgui.exe」です。

「dfrgui.exe」は、私の環境(Windows 7の64bit版)では以下の場所にありました。

%systemroot%\System32\dfrgui.exe

%systemroot%\SysWOW64\dfrgui.exe

このファイルをべちべちっ!とダブルクリックすると、デフラグのメニュー画面が表示されます。

dfrgui.exe4

あとは、メニュー画面上でポチポチ操作するだけです。
「どのハードディスクをデフラグするんだい?」を選んで「おらぁ!実行しろやぁ!」と命令すれば、デフラグが始まります。

dfrgui.exe5

他にも「ディスクの分析」というのをやったり、定期的にデフラグをするように設定してあれば「次のデフラグの予定はいつ?」を確認したりできます。

そんなデフラグ関連のあれやこれやのメニューを表示するときに使う実行ファイルが「dfrgui.exe」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「dfrgui.exe」って単語が出てきたら「デフラグのメニュー画面を表示するときに使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク