[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

トレーサビリティ (traceability)

pointこの用語のポイント

point追跡調査できるか?だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

トレーサビリティ (traceability)とは

「その製品の原材料や作られてから廃棄されるまでの流れが調べられるようになっていますか?」のこと。
もう少しサクっと書くと

「追跡調査できるようになってる?」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
「トレーサビリティシステム」という形で、IT業界でも、たまに登場します。
気が向いた方は覚えてあげてください。

一言で言えば「追跡調査できるようになっているか?」をカッコつけて言ったのが「トレーサビリティ」です。

・何でできているか(原材料)
・どうやって作られたか(製造工程)
・これからどうなるか(販売・消費・廃棄)


などの情報が管理されていて、いざとなったら調べられるかな~?を示す用語です。

例えば、そうですね。

ここに美味しそうな苺大福があったとしましょう。

トレーサビリティ

この苺大福は、ピヨ太君が精魂込めて作った苺とピヨ太ママが片手間で作った大福を、ピヨ子さんが黄金の手で加工することで作られています。

トレーサビリティ2

この苺大福は、4月5日に売れました。

トレーサビリティ3

この苺大福に使われた苺は、4月1日にピヨ太君から出荷されたものです。
ピヨ子さんの元には4月2日に届きました。

トレーサビリティ4

大福は4月2日にピヨ太ママから出荷されたものです。
ピヨ子さんの元には4月3日に届きました。

トレーサビリティ5

ピヨ子さんは、4月4日に苺大福に加工して、お店で売りました。

トレーサビリティ6

ここまでの情報を整理すると、以下のようになります。

・苺:ピヨ太(4月1日)→ピヨ子(4月2日)
・大福:ピヨ太ママ(4月2日)→ピヨ子(4月3日)
・苺大福(加工・陳列):ピヨ子(4月4日)
・苺大福(販売):ピヨ子(4月5日)


おっと、大変です。
4月5日に売った苺大福を買ったお客さまから「この苺大福、苺が美味しくなかったぞ!」と苦情が入りました。

トレーサビリティ7

ここで、先ほどの情報を、もう一度見てみましょう。

・苺:ピヨ太(4月1日)→ピヨ子(4月2日)
・大福:ピヨ太ママ(4月2日)→ピヨ子(4月3日)
・苺大福(加工・陳列):ピヨ子(4月4日)
・苺大福(販売):ピヨ子(4月5日)


使った苺は、ピヨ太君が4月1日に出荷した(ピヨ子さんが4月2日に受け取った)苺です。
これ一個で済めば不幸中の幸いですが、そうとは限りません。

ピヨ子さんは、4月2日に受け取った苺を使った苺大福を、すべて破棄しました。
既に売ってしまった分は、お客さまに事情を話して、ごめんなさいします。

トレーサビリティ8

ピヨ子さんは、ピヨ太君にも事情を伝えました。

トレーサビリティ9

ピヨ太君も大慌てです。
4月1日に苺を出荷した相手は、ピヨ子さんだけではありません。
4月1日に苺を出荷したお客さまに、ごめんなさいして回りました。

トレーサビリティ10

このような対応が取れたのは、商品の材料や製造過程の情報が管理されていて、追跡調査できるようになっていたからです。
このような追跡調査ができる状態になっているかね?を意味する用語がトレーサビリティです。

「トレーサビリティは、どうなっている?」と言われたら「何か問題が起こったときに、材料とか製造過程を調べて原因を特定できるようになっているの?」と言われたと解釈してください。

なお、トレーサビリティを目的とした情報を管理するシステムは、一般的に「トレーサビリティシステム」と呼ばれたりします。
先ほどの苺大福の話で言えば、

・苺:ピヨ太(4月1日)→ピヨ子(4月2日)
・大福:ピヨ太ママ(4月2日)→ピヨ子(4月3日)
・苺大福(加工・陳列):ピヨ子(4月4日)
・苺大福(販売):ピヨ子(4月5日)


のような情報を管理するシステムですね。

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「トレーサビリティ」って単語が出てきたら「追跡調査できるにようなっているかい?のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク