[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

エバンジェリスト (evangelist)

pointこの用語のポイント

point職種だよ

point何かを普及させるのがお仕事だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

エバンジェリスト (evangelist)とは

エヴァンゲリ○ンが大好きな人のこと。(嘘)
本当は

いわゆる「広報担当」をカッコつけて言った表現
……と書くと、怒られそうですね。

担当する製品とかサービスとか技術とかを、いろんな人に分かりやすく、かつ魅力を感じるように説明してあげて、みんなに「おー、これ、いーじゃん!よし、使おう!」って思ってもらえるようにするのが、お仕事の人
です。

image piyo

詳しく書くよ

誤解を恐れずに言えば「広報担当」をカッコつけて言ったのが「エバンジェリスト」です。
担当するモノの魅力をいろんな人に伝えて、広く普及させるのがお仕事です。

エバンジェリスト

お仕事の内容としては広報だと思うのですけどね。
単なる「広報担当」よりは偉そうなイメージのある職種です。

なんてったって、語源が「伝道者」です。
私の勝手なイメージですが「みなさ~ん、聞いてくださ~い!こんなに良いのがありますよ~!」ではありません。
「皆の者、我がお主らにとても良いものを教えてしんぜよう」のイメージです。
うむ、なんか凄そうだ。

エバンジェリスト2

実は私もよく分かっていませんが、広報の仕事をしている人に、属性として「カリスマ」とか「第一人者」とか「スペシャリスト」とかが付けば、エバンジェリストに進化するのだと思います。

エバンジェリスト3

IT業界は、相変わらず響きのカッコいい用語が好きですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「エバンジェリスト」って単語が出てきたら「何かを普及させるのがお仕事なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク