[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

/var/log/messages

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointUNIX系のOSで使われるよ

point特定用途「以外」のログを記録するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

/var/log/messagesとは

UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)で使われる、あれやこれやのログが記録されているファイル
です。
もう少しざっくり書くと

特定用途「以外」のログを記録するファイル
になります。

image piyo

詳しく書くよ

ログは「コンピュータ世界におけるやったことや起こったことの記録」ね。
コンピュータさんは、必要に応じてログを残しています。

/var/log/messages

それを踏まえて、UNIX系のOSLinuxとかMacとか)における、あれやこれやのログを記録しておくファイルが「/var/log/messages」です。
「var」ディレクトリの中の「log」ディレクトリの中の「messages」ファイルで「/var/log/messages」です。

/var/log/messages2

「/var/log/messages」には、特定用途「以外」のログを記録するのが一般的です。
設定次第ではありますけどね。

例えば、cron関係のログは「/var/log/cron」に記録することが多いです。
「var」ディレクトリの中の「log」ディレクトリの中の「cron」ファイルで「/var/log/cron」ね。

/var/log/messages3

メール関連のログは「/var/log/maillog」に記録されます。
「var」ディレクトリの中の「log」ディレクトリの中の「maillog」ファイルで「/var/log/maillog」です。

/var/log/messages4

他にも「これ関連のログはこのファイルに記録するね」と決まっているものもあります。

それ以外、いわゆる「その他」のログを記録するためのファイルが「/var/log/messages」です。

UNIX系のコンピュータでは「syslog」や「rsyslog」と呼ばれるプログラムが、ログを記録しています。
設定ファイルは「/etc/syslog.conf/etc/rsyslog.conf)」です。

私の環境の「/etc/rsyslog.conf」には、以下の記述がありました。

# Log anything (except mail) of level info or higher.
# Don't log private authentication messages!
*.info;mail.none;authpriv.none;cron.none /var/log/messages


ログの種類が「*.info」とか「mail.none」とかだったら「/var/log/messages」に記録するよ、と書いてあります。

なお「/var/log/messages」はテキストファイル(中身が文字だけのファイル)です。
例えば

more /var/log/messages

等のコマンドを実行することで、中身を確認できます。

実際に中身を見てみるのが手っ取り早いでしょうね。
ごちゃごちゃと、いろいろ書いてあると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「/var/log/messages」って単語が出てきたら「あれやこれやのログが記録されているファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク