[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ハニーポット (honeypot)

pointこの用語のポイント

pointコンピュータとかシステムだよ

point不正アクセスされるためのものだよ

pointわざと悪いことをさせて、やり方を知るよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ハニーポット (honeypot)とは

不正アクセスに対するおとり捜査用のコンピュータとかシステムのこと。
もう少し具体的に書くと

「不正アクセスばっちこーい!」になっていて、わざと悪いことをさせることで、そのやり方などを把握するためのコンピュータとかシステムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば、悪いことウェルカムにしているコンピュータやシステムが「ハニーポット」です。
わざと悪いことをさせることで、そのやり方を把握したり、証拠をつかむのに使われます。

ハニーポット

ハニーポットは、悪いことをされるのが前提です。
当たり前ですが、大事なデータとかは入れておきません。
それどころか、悪いやつらの行動を把握するために、あんな罠やこんな罠を張っておくのが普通です。

ハニーポット2

いわば、おとりコンピュータですね。
自らを差し出すことによって、悪いやつらの動向を把握するのが使命です。

あとは、そうですね。
例えば、すっごい大事なシステムがあったとしましょう。

ハニーポット3

このシステムと、パッと見では同じだけど中身が空っぽのダミーシステムを用意します。

ハニーポット4

ダミーシステムは、ドジっ子です。
悪いやつらが「うむ、ドジっ子だな。侵入してやるか」と思うようになっています。
このダミーシステムに意図的に注目を集めることで、悪いやつらの目を大事なシステムから逸らします。

ハニーポット5

このような、おとりとして使われるダミーシステムもハニーポットと呼ぶことがあるようです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ハニーポット」って単語が出てきたら「不正アクセスさせるためのコンピュータとかシステムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク