[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

diskpart.exe

pointこの用語のポイント

point実行ファイルだよ

point対話形式でディスクのあれこれを操作するときに使うよ

point私の環境では「%systemroot%\system32\diskpart.exe」と「%systemroot%\sysWOW64\diskpart.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

diskpart.exeとは

対話形式でハードディスクのあれこれを操作するときに使う実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

実行ファイルは「プログラムファイル」ね。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

diskpart.exe

コマンドプロンプト」も覚えてあげてください。
コマンドプロンプトは「コンピュータに詳しい人がよく使う、Windowsにくっついている黒い画面」です。
この黒い画面にコマンド(コンピュータに対する命令)を打ち込むことによって、パソコンさんと意思疎通をすることができます。

diskpart.exe2

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、対話形式でハードディスクのあれこれを操作するときに使う実行ファイルが「diskpart.exe」です。

「diskpart.exe」は、私の環境(Windows 7の64bit版)では以下の場所にありました。

%systemroot%\System32\diskpart.exe

%systemroot%\SysWOW64\diskpart.exe

論より証拠です。
「diskpart.exe」をべちべちっ!とダブルクリックしてみてください。
コマンドプロンプトっぽい黒い画面が表示されるはずです。
これで、diskpartさんが「ばっちこーい!」な待ち受け状態に入りました。

次に

?

入力して、エンターキーをパシーン!と押します。

そうすると、実行できるコマンドの説明が、ごちゃごちゃと表示されます。
私の環境では、以下の説明が表示されました。

Microsoft DiskPart バージョン 6.1.7601

ACTIVE - 選択したパーティションをアクティブとしてマークします。
ADD - シンプル ボリュームにミラーを追加します。
ASSIGN - 選択したボリュームに、ドライブ文字またはマウント ポイントを割り当
てます。
ATTRIBUTES - ボリュームまたはディスクの属性を操作します。
ATTACH - 仮想ディスク ファイルをアタッチします。
AUTOMOUNT - ベーシック ボリュームの自動マウントを有効または無効にします。
BREAK - ミラー セットを解除します。
CLEAN - ディスクから構成情報または情報のすべてを消去します。
COMPACT - ファイルの物理サイズの削減を試みます。
CONVERT - 異なるディスク フォーマット間で変換します。
CREATE - ボリューム、パーティション、または仮想ディスクを作成します。
DELETE - オブジェクトを削除します。
DETAIL - オブジェクトに関する詳細を提供します。
DETACH - 仮想ディスク ファイルをデタッチします。
EXIT - DiskPart を終了します。
EXTEND - ボリュームを拡張します。
EXPAND - 仮想ディスクで使用可能な最大サイズを拡張します。
FILESYSTEMS - ボリューム上の現在のサポートされているファイル システムを表示しま
す。
FORMAT - ボリュームまたはパーティションをフォーマットします。
GPT - 選択された GPT パーティションに属性を割り当てます。
HELP - コマンドの一覧を表示します。
IMPORT - ディスク グループをインポートします。
INACTIVE - 選択されたパーティションを非アクティブとしてマークします。
LIST - オブジェクトの一覧を表示します。
MERGE - 子ディスクを親ディスクと結合します。
ONLINE - 現在オフラインとマークされているオブジェクトをオンラインにします。

OFFLINE - 現在オンラインとマークされているオブジェクトをオフラインにします。

RECOVER - 選択されたパック内のすべてのディスクを最新の状態に更新します。
無効なパック内のディスクの回復を試み、古いプレックス
またはパリティ データのあるミラー ボリュームと RAID5 ボリューム
を再同期します。
REM - 何もしません。スクリプトをコメントアウトするのに使われます。
REMOVE - ドライブ文字の割り当て、またはマウント ポイントの割り当てを削除し
ます。
REPAIR - 失敗したメンバーを持つ RAID-5 ボリュームを修復します。
RESCAN - コンピューターを再スキャンしてディスクとボリュームを調べます。
RETAIN - シンプル ボリュームに保持パーティションを置きます。
SAN - 現在起動中の OS に対する SAN ポリシーを表示または設定します。
SELECT - オブジェクトにフォーカスを移動します。
SETID - パーティションの種類を変更します。
SHRINK - 選択されたボリュームを縮小します。
UNIQUEID - ディスクの GUID パーティション テーブル (GPT) 識別子または
マスター ブート レコード (MBR) 署名を表示または設定します。


あとは、まぁ、頑張ってください。
取りあえず

list disk

を実行すると、現在の状況が表示されますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「diskpart.exe」って単語が出てきたら「ディスクを管理するときに使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク