[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

YP

pointこの用語のポイント

pointNISの昔の呼び名だよ

pointネットワークにつながっているパソコンとかをまとめて管理するための仕組みだよ

point主にUNIX系で使われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

YPとは

「NIS」の昔の呼び名。
つまり

主にUNIX系のコンピュータで使われる、ネットワークにつながっているパソコンとかをまとめて管理するための仕組み(の1つ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

NISは「ネットワークにつながっているパソコンとかをまとめて管理するための仕組み(の1つ)」ね。

ネットワーク上にはパソコンとかがいっぱいあります。

YP

こいつらは基本的に、それぞれ好き勝手に動いています。
自由気ままな奴等ですよ。

YP2

そこに、1台の元締めコンピュータを投入しました。

YP3

元締めコンピュータは、ネットワーク上で好き勝手やってる奴等を統括的に管理するのが使命です。

YP4

元締めコンピュータが、他のコンピュータのあれやこれやの情報を管理します。

YP5

このような仕組みの1つがNISです。
NISは、主にUNIX系(Linuxとか)で使われる仕組みです。

Windowsの方が詳しい人は「Active Directory(アクティブディレクトリ)」みたいなものだと思ってください。
元締めコンピュータが、下々のコンピュータたちの情報を、まとめて管理します。

それを踏まえて、NISの昔の呼び名が「YP」です。
NISとYPは同じものだと思って構いません。

NISは昔「Yellow Pages(イエローページ)」という名前でした。
商標の関係でNISに変更したらしいです。

そのため、NISを指して「YP」と表現されることがあります。
Yellow Pages」の頭文字を取って「YP」ですね。

また「NIS/YP」や「NIS(YP)」のように併記されることもあります。
細かい表記の違いは気にしないでください。
「NIS」と「YP」は同じものを指しています。

それに関連して、NIS関連で登場するコマンド等の名前が「yp○○」になっている場合もあります。
NISっぽい話で出てくる「yp」は頭の中で「nis」と読み替えてください。
それで大体の意味は掴めるはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「YP」って単語が出てきたら「NISの昔の呼び名なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク