[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

hostname【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindowsとUNIX系で使えるコマンドだよ

pointホスト名を表示・設定するよ(UNIX系)

pointホスト名を表示するよ(Windows系)

スポンサーリンク

簡単に書くよ

hostname【コマンド】とは

ホスト名(コンピュータ名)を表示・設定するときに使うコマンド(UNIX系のOS)。
もしくは

ホスト名(コンピュータ名)を表示するときに使うコマンド(Windows系のOS)
です。

image piyo

詳しく書くよ

「hostname」コマンドUNIX系(LinuxとかMacとか)およびWindows系で使えます。
UNIX系とWindows系で、コマンドの内容が微妙に違いますけどね。

まずは、UNIX系における「hostname」コマンドについて説明します。

UNIX系の「hostname」コマンドは、コマンドライン上からホスト名(コンピュータ名)を表示・設定する際に使います。

書き方は

hostname [オプション] [ホスト名]

です。
オプションは、あれやこれやとあります。

オプション説明
-a別名も表示する
Display the alias name of the host (if used). This option is deprecated and should not be used anymore.
-A設定されているすべてのホスト名をFQDNで表示する……かな?
Displays all FQDNs of the machine. This option enumerates all configured network addresses on all configured network interfaces, and translates them to DNS domain names. Addresses that cannot be translated (i.e. because they do not have an appropriate reverse DNS entry) are skipped. Note that different addresses may resolve to the same name, therefore the output may contain duplicate entries. Do not make any assumptions about the order of the output.
-b設定したホスト名を、ずっと有効にする……かな?でも、このオプションを指定しなくてもずっと有効だよね?分からん
Always set a hostname; this allows the file specified by -F to be nonexistant or empty, in which case the default hostname localhost will be used if none is yet set.
-dDNSドメイン名を表示する
Display the name of the DNS domain. Don't use the command domainname to get the DNS domain name because it will show the NIS domain name and not the DNS domain name. Use dnsdomainname instead. See the warnings in section THE FQDN above, and avoid using this option.
-fホスト名をFQDNで表示する
Display the FQDN (Fully Qualified Domain Name). A FQDN consists of a short host name and the DNS domain name. Unless you are using bind or NIS for host lookups you can change the FQDN and the DNS domain name (which is part of the FQDN) in the /etc/hosts file. See the warnings in section THE FQDN above, and avoid using this option; use hostname --all-fqdns instead.
-F【ファイル名】ホスト名をファイルから読み込む
Read the host name from the specified file. Comments (lines starting with a `#') are ignored.
-iホスト名に対応するIPアドレスを表示する。このオプションが使えなかったら「-I」オプションを使えや
Display the network address(es) of the host name. Note that this works only if the host name can be resolved. Avoid using this option; use hostname --all-ip-addresses instead.
-I設定されているすべてのホスト名に対応するIPアドレスを表示する……かな?
Display all network addresses of the host. This option enumerates all configured addresses on all network interfaces. The loopback interface and IPv6 link-local addresses are omitted. Contrary to option -i, this option does not depend on name resolution. Do not make any assumptions about the order of the output.
-s短縮表現のホスト名を表示する。
Display the short host name. This is the host name cut at the first dot.
-Vバージョン情報を表示する
Print version information on standard output and exit successfully.
-yNISドメイン名を表示・設定する
Display the NIS domain name. If a parameter is given (or --file name ) then root can also set a new NIS domain.
-hヘルプを表示する
Print a usage message and exit.

ですね。

それでは、実際の使い方を見てみましょう。

オプションを気にしなければ、使い方は簡単です。

何も指定しないで

hostname

を実行すると、設定されているホスト名(コンピュータ名)が表示されます。

hostname [ホスト名]

を実行すれば、指定した名前に変更できます。
例えば

hostname piyota

を実行すると、ホスト名が「piyota」になります。

それだけです。
オプションの使い方については、必要に応じて情報を補完してください。

UNIX系の「hostname」コマンドの使い方は、そんな感じです。
次に、Windows系の「hostname」コマンドを説明します。

Windows系の「hostname」コマンドは、ホスト名(コンピュータ名)を表示するコマンドです。
UNIX系の「hostname」コマンドと違って、設定はできません。
ご注意ください。

書き方は

hostname

です。
オプションはありません。

hostname

を実行すると、設定されているホスト名(コンピュータ名)が表示されます。

Windows系の「hostname」コマンドの使い方は、それだけです。
簡単ですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「hostname」ってコマンドが出てきたら「ホスト名を表示・設定する(UNIX系)、もしくはホスト名を表示する(Windows系)ときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク