[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SysWOW64

pointこの用語のポイント

pointWindowsのフォルダだよ

point「C:\Windows\SysWOW64」のことだよ

point32bit用のファイルが入っているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SysWOW64とは

64bitのWindows環境におけるフォルダ「C:\Windows\SysWOW64」(「C:」フォルダの中にある「Windows」フォルダの中にある「SysWOW64」フォルダ)を指す俗称
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページに記載されている内容はWindows 10時点のものです。将来的には変わってくると思います。また、このページの説明は「System32」の説明と、ほとんど同じです。既に「System32」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

まずは予備知識から行きましょう。

ファイルは、コンピュータの世界における「書類」です。
とはいえ、普通に「ファイル」って言えば分かりますよね?

SysWOW64

フォルダは、コンピュータの世界における「書類入れ」です。
こちらも「フォルダ」って言えば分かりますよね?

SysWOW642

Windowsは「マイクロソフトさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)」です。

SysWOW643

OSは「パソコンさんの人格に相当するソフト」です。
パソコンさんは、中にOSを入れることによって、パソコンとして動くことができます。
「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。

SysWOW644

パソコンさんは、技術の進歩と共にパワーアップしてきました。
みなさんは「32bit版」とか「64bit版」とか聞いたことは、ないでしょうか。

昔のパソコンさんは16bitでした。
それが、技術の進歩と共に32bitになりました。
さらに技術が進歩して、2016年3月現在のWindowsパソコンは、ほとんどが64bitです。
将来的には、おそらく128bitとかになるでしょう。

SysWOW645

ここまでを読んで「何が64bitなの?」と疑問を持つ方もいると思います。
気になる人は頑張って調べてください。
話が逸れるので、ここでは取り上げません。
気にならない人は、パソコンさんが

16bit
 ↓
32bit
 ↓
64bit


と進化してきた、という点だけ押さえておいてください。

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、64bit版のWindows環境におけるフォルダ「C:\Windows\SysWOW64」を指す俗称が「SysWOW64」です。
「C:\Windows\SysWOW64」は「C:」フォルダの中にある「Windows」フォルダの中にある「SysWOW64」フォルダを指します。

SysWOW646

なお「C:」は、正確にはフォルダ名ではなくドライブ名です。
よく分からない人は、気にしないでください。
ファイルやフォルダを入れる箱なので、役割としてはフォルダと同じです。

SysWOW64には、Windowsに関する大事なファイルが入っています。
「64」は「64bit」の「64」……と言いたいところですが、ちょっとばっかし、ややこしいことになっています。

上でも書きましたが、パソコンさんは

16bit
 ↓
32bit
 ↓
64bit


と進化してきました。

16bitの時代、Windowsさんはフォルダ「C:\Windows\System」に大事なファイルを入れていました。
「C:\Windows\System」は「C:」フォルダの中にある「Windows」フォルダの中にある「System」フォルダです。

SysWOW647

技術の進歩と共に、パソコンさんは32bitに進化しました。
Windowsさんは、32bit用の大事なファイルを「C:\Windows\System32」に入れるようにしました。
「C:\Windows\System32」は「C:」フォルダの中にある「Windows」フォルダの中にある「System32」フォルダです。

SysWOW648

さぁ、ここからが少しややこしいです。
頑張って付いてきてください。

さらに技術は進歩しました。
2016年3月時点のパソコンさんは、64bitです。

Windowsさんは、64bit用の大事なファイルを「C:\Windows\System64」に入れるようにして……いません。
64bit用の大事なファイルは「C:\Windows\System32」に入っています。

SysWOW649

その代わり、32bit用の大事なファイルを「C:\Windows\SysWOW64」に入れるようにしました。
「C:\Windows\SysWOW64」は「C:」フォルダの中にある「Windows」フォルダの中にある「SysWOW64」フォルダです。

SysWOW6410

「SysWOW64」と「System32」には、同じ名前のファイルが入っていたりします。

同じ名前のファイルは、役割が同じです。
違いは32bit用か64bit用かです。

32bit用のソフトを動かすときは「SysWOW64」にあるファイルを使います。
64bit用のソフトを動かすときは「System32」にあるファイルを使います。

そうです。
「32」と「64」の対応が逆なのです。

実際には

・SysWOW64:32bit用のファイルが入っている
・System32:64bit用のファイルが入っている


になっています。
ご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SysWOW64」って単語が出てきたら「『C:\Windows\SysWOW64』フォルダのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク