[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

getmac【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindows系で使えるコマンドだよ

pointMACアドレスを表示するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

getmac【コマンド】とは

MACアドレスを表示するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページを携帯電話やスマホで見ると、横幅の関係上、実行例が見にくいと思います。可能であれば、パソコンさんから見てあげてください。

MACアドレスは「LANカードなどのネットワーク機器に割り当てられた住所」ね。
詳細は用語「MACアドレス」の説明をご覧ください。

それを踏まえて、指定した機器のMACアドレスを表示するコマンドが「getmac」コマンドです。

「getmac」コマンドはWindows系で使えます。

書き方は

getmac [オプション]

です。

オプションはわちゃわちゃとあります。

オプション説明
/S 【コンピュータ名】対象のコンピュータを指定する
/U 【ユーザ名】「/S」オプションと併用して、対象のコンピュータにログインするためのユーザ名を指定する
/P 【パスワード】「/S」「/U」オプションと併用して、対象のコンピュータにログインするためのパスワードを指定する
/FO 【出力形式】結果の出力形式を指定する。「TABLE」「LIST」「CSV」の中から指定可能
/NH結果の出力に項目名を含めない。「/FO TABLE」「/FO CSV」オプションと併用可能
/V詳細情報を表示する
/?ヘルプを表示する

ですね。

オプションを何も付けないで

getmac

を実行すると、今使っているパソコンさん(にくっついているネットワーク機器)のMACアドレスが表示されます。
例えば、私のパソコンで「getmac」コマンドを実行したところ、以下の結果が表示されました。

物理アドレス トランスポート名
=================== ==========================================================
00-16-A9-AA-B6-A1   \Device\Tcpip_{174F9248-5DF7-45A0-9407-528421A9D1AB}
00-11-5A-AA-FB-61   メディアが切断されています
00-40-46-C0-00-02   \Device\Tcpip_{1F3057D6-5231-4593-A9DC-025C89F05193}
00-11-5A-AA-FB-61   メディアが切断されています
00-40-46-C0-00-01   \Device\Tcpip_{144ED395-5DF2-456F-A995-1D9CD6DA1123}

※MACアドレスの値は、適当に変えてあります。

これは表形式で表示されています。
つまり

getmac /FO TABLE

を実行した場合と同じ結果です。

ここで「/FO TABLE」の部分を「/FO LIST」に変更すると、結果がリスト形式で出力されるようになります。
私の環境で

getmac /FO LIST

を実行したところ、以下の結果が出力されました。

物理アドレス: 00-16-A9-AA-B6-A1
トランスポート名: \Device\Tcpip_{174F9248-5DF7-45A0-9407-528421A9D1AB}

物理アドレス: 00-11-5A-AA-FB-61
トランスポート名: メディアが切断されています

物理アドレス: 00-40-46-C0-00-02
トランスポート名: \Device\Tcpip_{1F3057D6-5231-4593-A9DC-025C89F05193}

物理アドレス: 00-11-5A-AA-FB-61
トランスポート名: メディアが切断されています

物理アドレス: 00-40-46-C0-00-01
トランスポート名: \Device\Tcpip_{144ED395-5DF2-456F-A995-1D9CD6DA1123}


物理アドレスとトランスポート名を1つの塊として、一覧形式で表示されていますね。

ついでなのでCSV形式(カンマ区切り)でも出力してみましょう。

getmac /FO CSV

を実行すると、結果がCSV形式で出力されます。
私の環境では、以下の内容で出力されました。

"物理アドレス","トランスポート名"
"00-16-A9-AA-B6-A1","\Device\Tcpip_{174F9248-5DF7-45A0-9407-528421A9D1AB}"
"00-11-5A-AA-FB-61","メディアが切断されています"
"00-40-46-C0-00-02","\Device\Tcpip_{1F3057D6-5231-4593-A9DC-025C89F05193}"
"00-11-5A-AA-FB-61","メディアが切断されています"
"00-40-46-C0-00-01","\Device\Tcpip_{144ED395-5DF2-456F-A995-1D9CD6DA1123}"


各項目はダブルクォーテーションで囲まれ、カンマで出力されています。

ちなみに「/FO TABLE」か「/FO CSV」を指定しているときに「/NH」を指定すると、項目名が表示されなくなります。
例えば

getmac /FO CSV /NH

を実行すると、私の環境では以下の結果が表示されました。

"00-16-A9-AA-B6-A1","\Device\Tcpip_{174F9248-5DF7-45A0-9407-528421A9D1AB}"
"00-11-5A-AA-FB-61","メディアが切断されています"
"00-40-46-C0-00-02","\Device\Tcpip_{1F3057D6-5231-4593-A9DC-025C89F05193}"
"00-11-5A-AA-FB-61","メディアが切断されています"
"00-40-46-C0-00-01","\Device\Tcpip_{144ED395-5DF2-456F-A995-1D9CD6DA1123}"


1行目に表示されていた項目名が表示されなくなりましたね。

順番が前後してしまいましたが、これが「/FO」「/NH」オプションを指定したときの動きです。

「/S」「/U」「/P」オプションは、リモートアクセスする対象のコンピュータを指定する際に使用します。

例えば

getmac /S \\PIYOPIYO-PC

を実行すると、コンピュータ名が「PIYOPIYO-PC」であるパソコンさん(にくっついているネットワーク機器)のMACアドレスが表示されます。
ログインが必要な場合は、さらに「/U」「/P」オプションを指定して

getmac /S \\PIYOPIYO-PC /U user1 /P password1

のような形で実行します。

これが「/S」「/U」「/P」オプションの使い方です。

最後に「/V」オプションです。
「/V」オプションを指定すると、詳細情報を表示してくれます。
例えば

getmac /V

を実行すると、私の環境では以下の結果が表示されました。

接続名 アダプター 物理アドレス トランスポート名
=============== =============== =================== ==========================================================
ローカル エリア Intel(R) 82567L 00-16-A9-AA-B6-A1   \Device\Tcpip_{174F9248-5DF7-45A0-9407-528421A9D1AB}
ワイヤレス ネッ Intel(R) WiFi L 00-11-5A-AA-FB-61   メディアが切断されています
VMware Network  VMware Virtual  00-40-46-C0-00-02   \Device\Tcpip_{1F3057D6-5231-4593-A9DC-025C89F05193}
ワイヤレス ネッ Microsoft Virtu 00-11-5A-AA-FB-61   メディアが切断されています
VMware Network  VMware Virtual  00-40-46-C0-00-01   \Device\Tcpip_{144ED395-5DF2-456F-A995-1D9CD6DA1123}


少し見にくいですが「接続名」と「アダプター」が追加で表示されています。

これが「getmac」コマンドの使い方です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「getmac」ってコマンドが出てきたら「MACアドレスを確認するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク